映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (7) 木村拓哉との再会で涙…裏方のプライドとカンヌの重み (2人目:坂美佐子P)

映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (7) 木村拓哉との再会で涙…裏方のプライドとカンヌの重み (2人目:坂美佐子P)

画像提供:マイナビニュース

「"無限"とは"時間"や"時空"ではなく、"想い"なのだと感じています。限りの無い"想い"。それは"永遠"と呼んでもいいものだと思います」

俳優・木村拓哉にとって『武士の一分』(06年)以来、約10年ぶりの時代劇主演となる映画『無限の住人』。沙村広明氏の人気漫画が初の実写化、さらに木村と三池崇史監督の初タッグということもあり、メディアは大々的に取り上げた。SMAP解散騒動で日本中に激震が走った2016年1月、木村は不死身の侍・万次をようやく演じ終える。2015年10月5日、映画化が発表されたあの日から、どれだけの人がこの作品を話題にしてきたのだろうか。冒頭にあるのは、「無限とは?」に対する木村の答えだ。

公開初日を迎えた2017年4月29日、舞台あいさつの壇上で「客席の皆さまのものになりました」と引き締まった表情で呼びかけた木村。今回の連載は「∞」になぞらえ、8名のスタッフの証言をもとに、『無限の住人』が「皆さまのもの」になるまでの「無限の想い」をまとめた取材記録である。

2人目は、スケジュールや予算など制作全般の進行を管理した坂美佐子プロデューサー。これまで数々の三池作品を手掛けてきた”右腕”ともいえる人物だ。連載第7回は、「カンヌ公式上映の重み」と「裏方のプライド」。

○カンヌ出品の苦労

――三池監督は取材した時点で、すでに別の作品を撮っていたりしますよね。映画化が発表されると「あの時はこれを撮っていたのか!」と、いつも驚かされます。

そうですね。映画監督の「作りたいもの」には芸術性を求めがちだと思うんですけど、三池監督には当てはまらない気がします。今の世の中の人が見たいものをキャッチして、どのように作るかを考える。そして、自分が楽しめるものを作っていく。三池監督の想いは、芸術性とは全く違うところにあると思っています。

――カンヌで公式上映されることが決まりましたが、このあたりも見据えていたんですよね(4月下旬に取材)。

海外だけを視野に入れていたわけではありませんが、もちろんエントリーしました。われわれ映画人にとって、カンヌは誰もが掲げる目標。三池監督は海外から支持されていますが、発表されるまではドキドキでした。本当にホッとしています。

世界中からの何千本という中から数十本しか選ばれないわけですから、それがどれだけ難しいことか。三池監督で何本も経験していますけど……やっぱりみなさん「カンヌ」をすごく軽くおっしゃるんです。この苦労はきっと伝わらないと思います(笑)。

○木村拓哉と再会して涙

――ここは丁寧に書き残しておこうと思います(笑)。

本当にオフィシャルセレクションはハードル高いんです。でも、カンヌはみんなの合言葉のようになっていました。いま別の作品を撮っているんですけど、発表時はその現場でした。YouTubeの中継を見ていたんですが、さすがに音は出せない。電話で「呼ばれましたよ!」と言われて、監督も私もYouTubeを見ていたのに全く気づかず(笑)。膝の力が抜けました。次の日、キャンペーンで木村さんに会ったんですけど……その顔を見た時に泣けました。

木村さんにはすぐに電話して、監督に替わって監督の口から伝えてもらいました。その時も木村さんと話しているんですけど、次の日に新幹線の駅で木村さんを見た時に……込み上げてきたんです。うれしいとかじゃなくて、本当によかったと。

電話した時、監督は木村さんに「隣の坂さん、ぐったりしてる」と伝えてくださいました(笑)。うれしいのはうれしいんですけど、現場の責任者ですから、本当の喜びになるまでは時間が必要なのかもしれません。

――今回の取材で、1つの作品にはさまざまな人間ドラマがあることがよく分かります。

そうですね。でも、映画を観る方々にとっては、あまり関係のないこと。いろいろな利害関係が生じるのが私たち裏方の仕事で、そこは本来であれば見えちゃいけないものなので、皆さんには作品を表面的に楽しんでほしいと思っています。そのためは我々は日々、自分の仕事を全うしています。

■プロフィール

坂美佐子(さか・みさこ)
静岡県浜松市出身。映画プロデューサー。NHKエンタープライズを経て、現在株式会社OLM、OLMデジタル取締役。これまで、『極道恐怖大劇場 牛頭』(03)、『ゼブラーマン』シリーズ(03・10)、『着信アリ』(04)、『IZO』(04)、『妖怪大戦争』(05)、『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(07)、『クローズZERO』シリーズ(07・09)、『神様のパズル』(08)、『ヤッターマン』(08)、『十三人の刺客』(10)、『一命』(11)、『愛と誠』(12)、『悪の教典』(12)、『藁の楯 わらのたて』(13)、『喰女-クイメ-』(13)、『土竜の唄』シリーズ(14・16)、『神さまの言うとおり』(14)、『風に立つライオン』(15)、『極道大戦争』(15)、『テラフォーマーズ』(16)など、数々の三池監督作を手掛ける。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)