フジ新人・久慈暁子アナ「結構野性的です」見た目と中身のギャップアピール

フジ新人・久慈暁子アナ「結構野性的です」見た目と中身のギャップアピール

画像提供:マイナビニュース

フジテレビ新人の久慈暁子アナウンサーがこのほど、都内のスタジオで行われた同局の新バラエティ番組『夜のアナウンサー研修』(6月5日スタート、毎週月〜金曜深夜1:25〜1:30)の収録後に取材に応じ、「中身は結構野性的です」と自身をアピールした。

この番組は、今年4月に入社した安宅晃樹、黒瀬翔生、海老原優香、そして久慈アナが、"有名人と2人きり"という逃げ場のない空間で、アナウンサーに必要な対応力を学ぶというもの。初回のゲストは有吉弘行で、収録を終えた久慈アナは「聞かれたことに具体的に返せなかった質問がありまして、自分の対応力のなさを感じてしまいました」と反省した。

ただ、自分が同期入社に負けない部分を聞かれた久慈アナは「見た目と中身のギャップは、この中には誰にも負けないと思います」とアピール。「見た目は、『大人しそう』とか『女の子っぽそう』と言われるんですけど、中身は結構野性的で、東京にいなそうな感じの人間です」と紹介した。

そんな久慈アナに対し、安宅アナは「ちょっと抜けてる部分はあるんですが、これまでモデル活動をやっているので、オンとオフのスイッチの切り替えがすごくうまい」、海老原アナは「一番自分の見せ方が分かってる」、黒瀬アナは「つけ麺を汁につけないで食べるとか、人とワンテンポ遅れて笑ったりとか、自分のリズムを持っている」と評した。

それでも、「本当に自分が面白いことをしゃべれないなと悩んでおりまして…」という久慈アナは「これから年数を重ねるごとに、面白いことがちょっとでも言えるようなアナウンサーになれたらいいなと思うのと、情報もバラエティもスポーツも、枠にとらわれないアナウンサーになっていきたいです」と目標を宣言。

また、プロ野球の大谷翔平選手と同じ岩手県奥州市出身ということで、「2020年のオリンピックには何かしら関わりたいと思っているので、いつか同郷として取材ができたらうれしいです」と笑顔で語った。

関連記事(外部サイト)