華原朋美、「I'm proud」の頃は「愛の絶頂を迎えてました」

華原朋美、「I'm proud」の頃は「愛の絶頂を迎えてました」

画像提供:マイナビニュース

歌手の華原朋美が、25日深夜に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『じっくり聞いタロウ』(毎週木曜24:12〜)で、大ヒット曲「I'm proud」をリリースした1996年当時を振り返り、「愛の絶頂を迎えてました」と話した。

今回、歌手の岡本真夜がゲスト出演。「だいたい同期」という岡本と華原は、プライベートでも交流があるそうで、千秋と相川七瀬を加えた4人で仲が良いという。岡本は「この間ランチしたよね」と言い、華原は「ミリオンズ」と名付けていることを明かした。

そして、岡本は177万枚を売り上げたデビュー曲「TOMORROW」(1995年)について、売れるという手ごたえは「全然なかった。スタッフも誰一人思ってなかった」と明かし、「デビュー前に5曲くらいカセットテープに入れてプロモーションしていて、イチオシの曲はほかにあったんですけど『TOMORROW』も入っていた」と説明。たまたまドラマ『セカンド・チャンス』(TBS)のプロデューサーと脚本家が気に入って主題歌に抜てきされ、大ヒットにつながったという。

続けて、次長課長の河本準一が「朋ちゃんは『I'm proud』の時は手ごたえあったんですか?」と質問。華原は「彼(小室哲哉)が一生懸命作ってくれた曲なので…。何を出しても売れる時代という」と答え、さらに、「愛の絶頂を迎えていましたね」と振り返ると、大胆な発言にスタジオから笑いが起こった。

関連記事(外部サイト)