藤原竜也主演『リバース』が"満足度上昇数"トップ - 警察モノだけじゃない!春ドラマの盛り上がりを分析

藤原竜也主演『リバース』が"満足度上昇数"トップ - 警察モノだけじゃない!春ドラマの盛り上がりを分析

画像提供:マイナビニュース

春ドラマもいよいよ後半戦。視聴率では天海祐希主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)や、長谷川博己主演の『小さな巨人』(TBS系)、小栗旬主演の『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系)など、警察モノが健闘しているが、視聴者の"満足度"という点ではどうだろうか。

データニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」では、"満足度"を集計。その膨大なデータを日々向き合う研究員が、初回からどれだけ満足度が上昇したか= "満足度上昇数"に注目し、春ドラマの盛り上がりを分析した。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要
・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動
・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル
・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査
・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

○やっぱり間違いなかった原作×脚本×監督『リバース』

地上波の民放プライム帯(19〜23時)ドラマで、初回から最も満足度を上昇させた"満足度上昇数"トップは、藤原竜也主演の『リバース』(TBS系)。初回の3.51(5段階評価)から第5話で4.14と0.63ポイントの大幅アップで、高満足度の基準3.7を大きく上回った。その理由は「だんだん面白くなってきたから」に他ならないのだが、ここまで上昇したのは第1話で視聴者の期待に反してスタートダッシュをきれなかった点があげられる。

このドラマは過去に、鈴木京香主演『夜行観覧車』(平均満足度3.94)や、榮倉奈々主演『Nのために」(同4.02)と高満足度ドラマを送り出した、湊かなえ原作×奥寺佐渡子脚本×塚原あゆ子監督のミステリー。初回から視聴者の大きな期待を背負った作品だったが、「期待していたよりは…という感じ」(61歳女性)、「テンポが非常に遅かった」(35歳男性)など、期待値が大きかっただけに、初回は満足度を落とした。

しかし、その「テンポが遅かった」という35歳男性を定点観測していくと、その評価が徐々に変化。第3話では「少しづつ追い込まれていく感じにハラハラ」、第4話では「推理するヒントが散りばめられていてとても面白かった」と評価が上昇し、初回満足度は「1」だったが、第5話では「5」の満点をつけた。スタートダッシュはできなかったが、第5話での満足度は春ドラマ最高値(プライム帯ドラマ、5月12日放送分データ)で、初回から視聴者数もアップしている。やはりこのドラマ制作陣は間違いない。

○コメディー重視でファン拡大の『ひとパー』

満足度上昇数第2位は、視聴率で苦戦を強いられている桐谷美玲主演の"ひとパー"こと『人は見た目が100パーセント』(フジ系)。初回3.16から第6話で3.63と、0.47ポイント上昇で高満足度に近づけた。

今作は、『ライアーゲーム』や『鍵のかかった部屋』、直近では『信長協奏曲』など、個性的なドラマを多く送り出してきた松山博昭監督のラブコメディーで、鼻血や白目、口から放水、失神など"コメディー"パートをかなり強調した意欲作になっている。

初回はその世界観に「普通のドラマと違い新鮮だと思うが、集中できない」(53歳女性)」、「ドタバタに感じた」(63歳女性)など、なかなか支持を得られなかったが、「最初はバカバカしいと思ってたのにドンドン面白くなっちゃいました」(37歳女性)、「主人公たちが持ち味を発揮していて更におもしろくなってきた」(31歳女性)、「桐谷のキャラがかわいい。抱きしめてあげたくなる」(52歳女性)など、ジワジワとファン層を増やしている。

○波瑠がヒドい! 東出昌大が怖い!『あなそれ』

そして第3位は、波瑠主演の『あなたのことはそれほど』(TBS系)。初回3.19から第5話で3.64と0.45ポイントアップで、『ひとパー』と僅差だった。このドラマは、波瑠演じる主人公の不倫と、それによって壊れていく夫(東出昌大)を描いた問題作だが、視聴者層によってとらえ方が全く違うところが面白い。

F2層以上(35歳以上の女性)は「美都(波瑠)の言動がひどすぎる」(42歳女性)、「あんな尻軽な主婦がいると思われると心外」(53歳女性)、「ますます馬鹿さ加減が進んで嫌な女」(72歳女性)など、ドラマとはいえ視聴者は主人公の不倫に対する罪悪感のなさに対して怒り心頭。しかし、F1層(20〜34歳女性)は「東出昌大の演技が最高」(34歳女性)、「東出昌大こわいー!」(27歳女性)」、「もうりょうちゃん(東出)が怖すぎる」(28歳女性)など、波瑠のそれよりも東出の怪演を楽しんでいる様子だ。

このように、前半はかなり賛否両論で満足度もなかなか上昇しなかったのだが、中盤からは悪気のない主人公に"怖い夫"から天罰が下りそうな展開となり、「東出いけ!!盛り上がった」(42歳女性)、「どんどん面白くなってきた。復讐楽しみ」(55歳女性)、「とうとう相方が反撃に出てスカッとできる」(40歳女性)など、どの視聴者層も意見が一致。スカッとターンにドラマが入ったことで満足度も急上昇した。

視聴率だけでは、警察モノが支持を受けているように見えるが、満足度の上昇=盛り上がりという点では、ミステリーの『リバース』、ラブコメの『人は見た目が100パーセント』、不倫モノの『あなたのことはそれほど』と、いずれも異なる面白さで視聴者を楽しませている。この勢いを最後まで持続させ、視聴者を裏切らない展開にできるか、期待したい。
(テレビウォッチャー研究員・大石庸平)

関連記事(外部サイト)