今田&東野、Amazonで新バラエティ「インパクトある」「地上波でできないこと」

今田&東野、Amazonで新バラエティ「インパクトある」「地上波でできないこと」

画像提供:マイナビニュース

お笑いタレントの今田耕司と東野幸治が、Amazonプライム・ビデオの新バラエティシリーズ『今田×東野のカリギュラ』(6月9日配信開始、毎週金曜更新)のMCを務めることが26日、明らかになった。

「カリギュラ」とは「禁止されるほど試してみたくなる心理現象」のことで、今作は、最近の世の中では実現しづらくなってきた企画を取り上げていくというもの。具体的には、芸人の親にオレオレ詐欺の警鐘を鳴らすドッキリ「うちの親は大丈夫! 母ちゃんオレオレ詐欺選手権」や、東野が狩猟に挑む「東野、鹿を狩る」など、社会問題も意識した企画がラインナップされる。

今田は「今までにない、インパクトのある番組になるような気がします。なかなか地上波では許可が下りなくて、やればおもしろそうなことをなんでもやっていきたいです。セレブパーティーにも潜入してみたいです」と意欲。「『Amazonプライム・ビデオで面白い番組をやっているな』と皆さんにご覧になっていただき、『地上波も負けられない』と相乗効果でテレビ全体が盛り上がればいいと思います」と抱負を語る。

一方の東野は「Amazonプライム・ビデオに参加できて感謝しています。色々な企画があるなかで、自分がやりたいことを入れさせてもらっています」とコメント。また、「東野、鹿を狩る」の企画が楽しかったそうで、「猪とか熊とか色々な生き物を食べ尽くしたい気持ちでいます。地上波では規制があってできないことをできたり、なかなか会えない人と会える場にもなってほしいなと思っています」と期待を込めた。

Amazonプライム・ビデオでは、ダウンタウン・松本人志の『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』が配信されているが、Amazonコンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレル氏は「この番組(『カリギュラ』)でも地上波ではまず見られない、動画配信ならではの企画をどんどん取り上げていきます。ご期待ください」と予告している。

(C)2017 YD Creation

関連記事(外部サイト)