亀梨和也、使命はKAT-TUNを潤すこと - ふだんは”ジャニーズ感”強め

亀梨和也、使命はKAT-TUNを潤すこと - ふだんは”ジャニーズ感”強め

画像提供:マイナビニュース

映画『美しい星』(5月26日公開)の公開記念舞台挨拶が27日に都内で行われ、リリー・フランキー、亀梨和也(KAT-TUN)、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督が登場した。

同作は三島由紀夫の同名小説を原作に、舞台を現代に移し大胆に脚色して映画化。ある日突然「宇宙人」に覚醒した家族と、世界の関わり合いを描く。父親役のリリーが火星人、息子役の亀梨が水星人、娘役の橋本が金星人、母親役の中嶋が地球人となる。

作品に合わせて、自分の“使命”を聞かれた亀梨は「グループ活動をさせてもらっているので、そこを潤すというところが使命かなと思います」ときっぱり。役者としては「こういう役がやりたいと掲げるよりは、巡り合わせや出会いの中で、何を返せるかという段階」と表し、「与えていただけたものにしっかりと向き合える自分でいたいと思います」と真摯に答えた。

フリーター役で、普段とは違う雰囲気の役どころに、亀梨は「最初『わからないくらい』とおっしゃっていただいて。わりかし普段ジャニーズ感、強目に生きてるので」とお茶目に回答する。「お芝居や作品によって出したり消したりしたいなと思ってます」と役者活動について語った。

関連記事(外部サイト)