橋本愛、ミステリアスな服に「UFO呼べそう」 - 牛にはしゃぐ一面も

橋本愛、ミステリアスな服に「UFO呼べそう」 - 牛にはしゃぐ一面も

画像提供:マイナビニュース

女優の橋本愛が27日、都内で行われた映画『美しい星』(5月26日公開)の公開記念舞台挨拶に、リリー・フランキー、亀梨和也(KAT-TUN)、中嶋朋子、佐々木蔵之介、吉田大八監督とともに登場した。

同作は三島由紀夫の同名小説を原作に、舞台を現代に移し大胆に脚色して映画化。ある日突然「宇宙人」に覚醒した家族と、世界の関わり合いを描く。父親役のリリーが火星人、息子役の亀梨が水星人、娘役の橋本が金星人、母親役の中嶋が地球人となる。

リリーが橋本について「まだ20歳なのにすごく神秘的な雰囲気を持ってる女優さんですけど、髪の毛切ってさらにUFO呼べそうな感じが増しましたね」と語りかけると、橋本は「UFOはいると思います。呼べます」と宣言した。

さらにリリーが橋本の神秘的な衣装に「素材もね、裏は別珍なのに表は薄い。裏は冬で表が春」とつっこむと、橋本は「えっ、かわいいでしょ」と少し不満そうな様子に。亀梨が「かわいい、かわいい」と同意し、「油断すると右手が隠れちゃう」と指摘すると、橋本は右手を袖に隠して見せた。

また、亀梨は橋本が「牛にびっくりするくらい反応していて」と、エピソードを披露。中嶋も「大興奮だったよね」と同意すると、橋本は「牛大好きで。人間より大きい動物が大好きなんです。すごくないですか?」と問いかけた。亀梨は「スッとしてる女優さんだな、素敵だなと思ってたんですけど、牛と出会った時のはしゃぎっぷりというのは。ロケバスを降りて誰よりも走っていく」と振り返り、「『牛〜!!』みたいな」と、橋本の様子を再現した。

一方リリーは「あの牛はしっかりお芝居する牛でしたね」と牛にしみじみ。亀梨が「2頭いたんですけど、本番に選ばれなかった牛が、端の方でふてくされてる」と撮影中の状況を思い出すと、リリーは「選ばれた方の牛は絶対公開後、仕事増えますよ」と太鼓判を押した。

フォトセッション後の挨拶では、リリーが「蔵之介さんが袖で『あの牛CGだと思ってた……』って」と暴露。「生なんです。生だと思ってもう1回見てください。牛の芝居がどれくらい素晴らしいのか」とアピールした。

関連記事(外部サイト)