高橋英樹、『小さな巨人』で岡田将生の父、内閣官房副長官役

高橋英樹、『小さな巨人』で岡田将生の父、内閣官房副長官役

画像提供:マイナビニュース

俳優の高橋英樹が、長谷川博己が主演を務めるTBS系日曜劇場『小さな巨人』(毎週日曜21:00〜)に、岡田将生演じる山田春彦の父で内閣官房副長官の山田勲役として出演することがこのほど、わかった。

5月21日放送の第6話から豊洲署編に突入。豊洲署へと左遷された香坂は、失踪事件の捜査を依頼されたが、この事件がのちに日本警察を大きく揺るがす大事件へと発展する。新たな事件の舞台・早明学園は、海外から留学生を多く招き入れ、国内の優秀な人材を根こそぎ引き入れているが、実は元々埋め立て地であった土地を何らかの形で安く購入し建てられたという噂が。昨今、世間を騒がせている学校法人問題に一石を投じるような物語が展開される。

高橋演じる山田勲は、これまでの放送でも紹介されてきたが、官房副長官として絶大なる権力を持つ男で、出来の悪い息子・春彦との親子関係に亀裂が生じている。早明学園で内偵捜査をしていた元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)が見つけた裏帳簿に勲の名が記されていたことを知った山田は、香坂(長谷川博己)らに報告せず独自に捜査を進めていた。

高橋は「最初のシーンは無言で登場するだけでしたが、役を作るという楽しさは台詞が少ない時こそ面白味があります。存在するだけでどうやって雰囲気を醸し出すか、風情や歩き方などでその人物を造形していく楽しみがあるので、とても面白かったです」とコメント。「勲は少し屁理屈なところもありますが、それによって自分は生きてきたという部分を表現するような、頑なで官僚的な人物だという造形をしたいと考えています」と役作りについて語った。

また、「初めて共演する岡田さん演じる息子との対決もあります」と親子バトルも描かれるそうで、「自分の正義が何なのか。歩いてきた道やお互いが持っている価値観の違いが出るようにぶつかっていこうと思っています」と意気込んでいる。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)