映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (10) 木村拓哉と最も距離が近かった男「すごく幸せそうでした」 (4人目:メイク酒井啓介氏)

映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (10) 木村拓哉と最も距離が近かった男「すごく幸せそうでした」 (4人目:メイク酒井啓介氏)

画像提供:マイナビニュース

「"無限"とは"時間"や"時空"ではなく、"想い"なのだと感じています。限りの無い"想い"。それは"永遠"と呼んでもいいものだと思います」

俳優・木村拓哉にとって『武士の一分』(06年)以来、約10年ぶりの時代劇主演となる映画『無限の住人』。沙村広明氏の人気漫画が初の実写化、さらに木村と三池崇史監督の初タッグということもあり、メディアは大々的に取り上げた。SMAP解散騒動で日本中に激震が走った2016年1月、木村は不死身の侍・万次をようやく演じ終える。2015年10月5日、映画化が発表されたあの日から、どれだけの人がこの作品を話題にしてきたのだろうか。冒頭にあるのは、「無限とは?」に対する木村の答えだ。

公開初日を迎えた2017年4月29日、舞台あいさつの壇上で「客席の皆さまのものになりました」と引き締まった表情で呼びかけた木村。今回の連載は「∞」になぞらえ、8名のスタッフの証言をもとに、『無限の住人』が「皆さまのもの」になるまでの「無限の想い」をまとめた取材記録である。

4人目は、万次のメイクを担当した酒井啓介氏。木村とはテレビ朝日系『アイムホーム』が縁で本作の声が掛かる。連載第10回は「最も近い距離で分かったこと」。近づくと「普通」、離れると「普通じゃなくなる」というのは、どういうことなのか。

○「カッコいい人」を汚す

――正式に三池組に加わることが決まった時は、どのような心境でしたか。

三池さんはぜひやらせていただきたいと思っていた監督のお一人だったんですけど、「組」として出来上がっているから、初めての自分が入る隙があるとは……。ドラマ(『アイムホーム』)が終わった直後ぐらいにはお話をいただきました。

――二つ返事で?

もちろん。内容がすごくインパクトありましたし、木村さんの新たなイメージになるような気がしたので、すごくやりたいと思いました。カッコいい人を汚すのって、欲求としてありませんか(笑)?

プレッシャーや不安よりも、そういう楽しみの方が勝っていました。緊張より、ワクワクする感じ。木村さんもメイクのことは任せて下さる感じで、「一緒にやろう」という感じでしたのですごく撮影が楽しみでした。

――三池組にはすんなり入れましたか?

初めてですし、いきなりは入り込めないと思いました。出来上がったチームにお邪魔させていただくような感じでしたが、専属の仕事なので、「思いっきりやろう」と。木村さんと「ここはどうしよう」とか話し合いながら、楽しんでやらせていただきました。

○三池組の木村拓哉は「すごく幸せそう」

――今回の現場で、木村さんと最も近い距離にいたのが、酒井さんだと思います。

話してると本当に普通に感じて、でも普通じゃないというか。近くでお話してると、すごく親しみやすく接してくださるんですが、ふと離れると「おぉ……」という感じ。そのギャップが極端ですね。

――木村さんは右膝じん帯損傷のケガをしたり、相当過酷な現場だったと思いますが、最後のメイクをした日のことは覚えていますか?

最後って何の撮影だったのかな……あっ、金子賢さんとの冒頭のシーンですかね。刀傷を毎日、毎カット作っていたので、「これが最後の傷かな」と思いながらやっていました。2カ月近くですかね。同じ車に乗って現場に行って、また同じ車に乗って一緒に帰って来る。「またやろうぜ」みたいなお言葉はいただいたと思います。

――現場を共にして、酒井さんだからこそ感じ取ったことは?

三池組というチーム感が出来上がった組だったからこそ、木村さんはどんなつらい現場でも、そういう一体感さえあれば全部楽しんでしまう。すごいなと思いました。一体感がない現場だったら、少し違った現場になったのかもしれません。三池組さえあれば、どんなにきついことでも楽しんでやれる。そういう巡り合わせも、すごく幸せそうでした。

――次は何の作品でしょうね。もうオファーは来てますか。

それはナイショです(笑)。

――では、楽しみにしています。さて、いよいよ明日公開です(取材は公開日前日)。

そうですね。とりあえず観て欲しい。本当にすごいですよ。

■プロフィール
酒井啓介
1979生まれ。福島県出身。映画『たたら侍』(17年)、『ジョジョの奇妙な冒険』(17年8月4日公開)、『ラプラスの魔女』(18年公開予定)、ドラマ『DOCTORS』(11年〜・テレビ朝日系)、『BORDER』(14年・テレビ朝日系)、『アイムホーム』(15年・テレビ朝日系)、『コールドケース』(16年・WOWOW)などを担当。

(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)