小栗旬&西島秀俊、現役トップレスラーとバトル - ダメージは交通事故並み!?

小栗旬&西島秀俊、現役トップレスラーとバトル - ダメージは交通事故並み!?

画像提供:マイナビニュース

俳優の小栗旬と西島秀俊が、30日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜21:00〜)の第8話で、現役トップレスラーとのアクションバトルを繰り広げる。

第8話では、田丸(西島)の手引きによってカルト教団でスパイ活動を行う林智史(眞島秀和)が、テロの情報を入手するが、長期間のスパイ活動に疲れ果てた、情報を伝える代わりにスパイを辞めて妻・千種(石田ゆり子)の元へ帰りたいという取引を持ちかける。千種に特別な感情を抱く田丸は動揺するが、上層部はその申し出を承諾。林が入手したテロの決行日時、警備を任された特捜班だったが、意外な展開が待ち受けていた。

中でも見どころは、カルト教団に乗り込んだ特捜班5人が、150人近くの出家信者を相手に繰り広げる7分30秒のノンストップバトル。そのクライマックスで、稲見と田丸を待ち受ける屈強な信者2人を、新日本プロレス所属の後藤洋央紀選手と、ドラゴンゲート所属の土井成樹選手が演じる。

後藤選手は得意技の「裏GTR」を小栗に、土井選手も得意技の「バカタレスライディングキック」を西島に繰り出し、小栗は「翌朝起きたら、『俺、交通事故にあったのかな?』っていうくらいダメージが残っていました」と語るほどだ。

後藤選手は「一丸となって撮影に挑む俳優さんやスタッフに感動しました! 自分ものびのびと闘うことができました!」と感想を述べ、「リングとは違うシチュエーションで闘う自分をご覧ください!」とコメント。

土井選手は「西島さんやアクション部の皆さんとリハーサルさせていただき、『これはヤバイな!?』と思いました(笑)」といい、「西島さん…プロレスのセンス、めちゃくちゃあります! 一度で良いので、ぜひドラゴンゲートのリングに立ってください!」とオファーしていた。

関連記事(外部サイト)