北川景子『帰ってきた家売るオンナ』視聴率13.0% - さらなる続編に期待続々

北川景子『帰ってきた家売るオンナ』視聴率13.0% - さらなる続編に期待続々

画像提供:マイナビニュース

女優の北川景子が主演する日本テレビ系スペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』が、26日(21:00〜22:54)に放送され、番組視聴率は13.0%をマークした。

このドラマは、「私に売れない家はない」が決めゼリフの北川演じる天才的不動産屋・三軒家万智が、客の人生に立ち入って家を売りまくっていくというもの。連ドラは昨年7月クールに放送され、最終回に自己最高の視聴率13.0%(9月14日放送)を記録した。

今回のスペシャルは、売上が目標値に届かなければ営業所解散と言われている元職場の新宿営業所で、万智が2週間限定で働き、一癖も二癖もある客たちに家を売っていくストーリーが展開された。

放送後、SNS上では「家売るオンナ面白いなあ。続編連ドラ作ってほしいー」「続編がありそうな終わり方だった」といった声が続々。関係者によると、ドラマで描けそうな不動産業界をめぐるネタはまだまだあるようで、今回の好視聴率を受け、さらなる続編に期待が高まる。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区。

関連記事(外部サイト)