熊田曜子、ギネス申請中の写真集は「お股の開脚に"ドキっ"としてもらえたら」

熊田曜子、ギネス申請中の写真集は「お股の開脚に"ドキっ"としてもらえたら」

画像提供:マイナビニュース

タレントとしても活躍中のグラビアアイドル、熊田曜子が28日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集『The GREATEST!!』(発売中 2,700円税抜き 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

結婚して二児の出産による休止期間を挟みながらも、いまもなお雑誌の表紙やグラビアページを飾り続けているグラドル界のレジェンド・熊田曜子が、5年ぶりに写真集をリリース。通算36冊目となる同写真集はギネスに申請中で、"超王道"をテーマに円熟味の増したポージングで過去最大の露出を披露している。

胸元ざっくりのワンピース姿で報道陣を悩殺した熊田は「独身の頃からママになってもやりたいと言い続けてきました。実際にできるのか分かりませんでしたが、形になってうれしいです」と第2子出産後、初めて発売した写真集に満足した様子。プロポーションについては「今回の写真集を撮影した時が一番バストが大きかったと思います。今は2人目に搾乳中なので、あのボリュームはもう1回妊娠しないと戻れませんね」と笑いを誘いつつ、「今まで16年間グラビアをやらせてもらっていますが、ある程度境界線を引いていました。今回はギリギリのところを詰め込み、その1つがお股の開脚。見た方にドキっとしてもらえたらと思います」とアピールしていた。

第2子を産んでからグラビア活動に積極的の熊田。「出せるなら永遠に出したいです」と今後もグラビアに意欲満々で「お仕事場では母じゃない一面、家に帰ったら思いっきりお母さんと、いいバランスでやらせてもらっています。旦那は『今までと同じ感じだったらやっていいよ』と言ってくれました。こんなに理解ある人はいないと思います」と夫に感謝の言葉。その夫とは「もう6年目なのでラブラブとまでは行かないです。落ち着いてはいますが、良きパートナーであることは確かです」と明かしながら、「子どもが3人欲しいというのは昔からの夢。男の子でも女の子でも3人目が欲しいですね」と意欲を見せていた。

関連記事(外部サイト)