『ワイドナ』宮崎駿監督のコメント誤用を謝罪「真偽を確認しないまま放送」

『ワイドナ』宮崎駿監督のコメント誤用を謝罪「真偽を確認しないまま放送」

画像提供:マイナビニュース

フジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜)で28日放送の内容に一部誤りがあったとして29日、同局は番組公式サイトを通じて謝罪した。

28日放送回では、宮崎駿監督の「引退撤回」のニュースが取り上げられた。その関連情報として、宮崎監督が何度も引退を繰り返した歴史があると紹介。引退宣言とするコメントを一覧にまとめた。

ところが放送後、ネット上では、以前拡散していたネタツイートを引用したものではという指摘が相次ぐ。引用元となるツイートを創作したとするユーザーも反応し、番組に問い合わせのメールを送ったことを自身のツイッターで明かしていた。

これを受け、公式サイト上では「お詫び」と題し、「実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました」と報告。「真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

○全文

2017年5月28日(日)10:00〜11:15放送の「ワイドナショー」において「宮崎駿『引退撤回』新作長編アニメ始動!」という内容を放送いたしました。

その中で宮崎駿氏の過去の引退に関わる発言としてフリップで紹介した内容が、実際には宮崎駿氏の発言ではなかったことが分かりました。

真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏並びに関係者の皆様、視聴者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

関連記事(外部サイト)