映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (12) 殺陣の常識を覆した! 木村拓哉VS海老蔵の死闘 (5人目:殺陣 辻井啓伺氏)

映画『無限の住人』8人の証言者たち - 「皆さまのもの」になるまで (12) 殺陣の常識を覆した! 木村拓哉VS海老蔵の死闘 (5人目:殺陣 辻井啓伺氏)

画像提供:マイナビニュース

「"無限"とは"時間"や"時空"ではなく、"想い"なのだと感じています。限りの無い"想い"。それは"永遠"と呼んでもいいものだと思います」

俳優・木村拓哉にとって『武士の一分』(06年)以来、約10年ぶりの時代劇主演となる映画『無限の住人』。沙村広明氏の人気漫画が初の実写化、さらに木村と三池崇史監督の初タッグということもあり、メディアは大々的に取り上げた。SMAP解散騒動で日本中に激震が走った2016年1月、木村は不死身の侍・万次をようやく演じ終える。2015年10月5日、映画化が発表されたあの日から、どれだけの人がこの作品を話題にしてきたのだろうか。冒頭にあるのは、「無限とは?」に対する木村の答えだ。

公開初日を迎えた2017年4月29日、舞台あいさつの壇上で「客席の皆さまのものになりました」と引き締まった表情で呼びかけた木村。今回の連載は「∞」になぞらえ、8名のスタッフの証言をもとに、『無限の住人』が「皆さまのもの」になるまでの「無限の想い」をまとめた取材記録である。

5人目は、本作の生命線ともいえる殺陣師・辻井啓伺。連載第12回は、立ち回りの常識を覆す「斬り合い」について。木村のストイックさは、どのような形で表れたのか。

○"死なない"が目立つと卑怯

――木村さんとは初仕事ですか?

仕事は何回かしたことありましたが、ここまでガチッと立ち回りをしたのは初めてです。昔から真面目な方で現場の人間にも優しい。『南極大陸』(11年・TBS系)でもご一緒しましたけど、厳しい環境の中でも本当に真面目な人だなぁと感じました。

それから、常に裏表がない人。普通に会話している時も、全然変わらない。現場に入って万次になっても変わらないし、どんな時も「木村拓哉」なんだなぁと。常に真面目、それが彼の普通であり、日常なんでしょうね。

つい、そこまでストイックにならなくても……なんて思ってしまいます。でも、それが彼なんでしょうね。それをずっとやって、生きてこられた。すごい人だからそういうふうに見えるのか、続けてきたからすごい人に見えるのか。万次は、ずっと一生懸命でした。

――万次が物語の主人公として特徴的なのは、斬られることが多いこと。

そう。今回の映画では、実は全然強くないんですよね。やられまくっている。でも、そこが目立ちすぎると、逆に卑怯になっちゃうので気をつけました。普通、人間は死にたくないので、斬られないようにするじゃないですか。立ち回りの根本です。ところが、万次と同じ不死身の閑馬永空役・海老蔵さんとの立ち回りは、一切避けないでやっちまおうと(笑)。

お互い死なないんだから、バツバツ斬っちゃえとなっちゃったわけですけど、もうね、立ち回りにならないんですよ(笑)。避けなくていいんだから。もう、2人でバツバツ! 大丈夫かな? と心配になるくらい斬り合っていました。海老蔵さんも、「もういい加減にしろ(笑)」みたいなことを言ってましたね。

――これまで「互いに斬り合う」シーンを演出したことはあったんですか?

ないです。斬ったら死にますからね。僕らが時代劇をやる時には、一太刀のための間であり、立ち回りなんですよ。いくらカンカンやりあっても、一度斬られたら終わりという緊張感があります。本当の戦いは一瞬で終わる。

昔の東映は刀をかわすシーンがあったりしたんですけど、黒澤映画や東宝系の三船敏郎さんなんかは、刀を合わせないでバツバツ斬る。かわす間があったら叩き斬る。万次の場合はかわさなくても斬っちゃえばいい。相手に斬らせてまで、相手を殺そうとする。ただ、それが痛みを伴うことは分かっている。人間だから、当然痛い思いしたくない。痛いのは痛いんですよ、万次は。

○エキストラに「殺し合い」指示

――そのほか、倒した相手の武器を自分のものにすることも万次の特徴です。武器の種類は全部で38もあったそうですが、殺陣師の腕の見せどころですね。
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)