アンジャッシュ、冠番組13年の秘けつはチバテレとの"フワッ"とした関係 - 結婚後初収録も祝福なし!?

アンジャッシュ、冠番組13年の秘けつはチバテレとの"フワッ"とした関係 - 結婚後初収録も祝福なし!?

画像提供:マイナビニュース

●「もう次のクールで終わります」と言われ続け…
女優・佐々木希を射止めた渡部建、イジられ芸でブレイク中の児嶋一哉と、勢いに乗るお笑いコンビ・アンジャッシュ。彼らにとって初めて、かつ唯一の地上波冠番組が、千葉テレビ(チバテレ)で約13年にわたって続く『白黒アンジャッシュ』(毎週火曜23:00〜23:30、再放送=毎週土曜24:30〜25:00)だ。

超売れっ子になった今でも、13年前と変わらず千葉まで赴いて収録に臨む2人。渡部の結婚後初収録があると聞いて本人たちを訪ねると、チバテレとは、深い愛情でもドライでもない、何とも言えない"フワッ"とした関係が築かれていた――。

――『白黒アンジャッシュ』も長寿番組になりました。唯一の冠番組でもありますが、お2人にとってどんな存在ですか?

渡部:トークライブをやるコンビがいる中で、僕たちにとってはその代わりという感じですね。2人で話す機会がなかなかないので、最近は「こんな仕事したんだ」とか、本当に近況報告みたいな感じになってます。

児嶋:本当にそうで、なかなかテレビでアンジャッシュだけでたっぷり話をさせてもらえる場がないんです。楽屋で「こんなことあったよ」なんて話はしないけど、カメラがあってお客さんの前だからそういう話ができる、ちょうどいい場ですね。

――さまぁ〜ずさんが、10周年を迎えた『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系)を一生やっていきたいと言ってましたし、ダウンタウンさんも『ガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)のフリートークを復活させました。コンビにとって、舞台のフリートークは貴重な存在なんですね。

児嶋:でも、何年も前から「もう次のクールで終わります」「もうヤバいです」って言われながら、気づいたら「なんとか続きます」っていう状況が、ずっとなんです。だから、終りが来る覚悟はできてるというか、変に慣れちゃってますね(笑)。最近は、「また『ヤバいです』って言われてるけど、本当にヤバいのか?」って疑いだしたりして、ちょっとよく分かんない状況になってます。

――それでも、ここまで長く続いてきた理由を、どのように分析していますか?

渡部:このフワッとした感じだからじゃないですかね。「よし!番組をこうしよう!」とか「続けるぞ!」と思ったことが1回もないんで、それが逆にいいのかなと思います。僕らは本当に力まずにできているので、頑張りだしてカロリーが高くなってきたら、ちょっとしんどいなと思う瞬間もあると思うんですけど、それがないのがいい気がしますね。

――32年続いた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)も、タモリさんが力まずゆるくやっていたことが長寿の秘けつと言っていましたが、通じる部分がありますかね?

渡部:いやいや、タモリさんは本当に合気道で言うところの"無の境地"だと思うんですけど、僕らはただただ何も考えずにやってる感じなんで(笑)

児嶋:そうですね。あと、『白黒アンジャッシュ』にスポンサーがついていない時期に、チバテレがなんとか持ちこたえてくれたこともあって、助けられましたね。

――番組スタート時に比べて大変なご活躍で多忙になったと思うんですが、千葉での収録というのを考えると、アンジャッシュさん側から降板を申し入れるという考えはないんですか?

渡部:収録は月1回という約束なので、スケジュールの面の問題は全然大丈夫です。これが毎週とか、2週に1回来てくれってなったら、ちょっとそこはご相談ですね(笑)

●結婚は運だけで決めたアシスタントのおかげ!?
――チバテレへの愛を感じますが、そんなチバテレに不満を感じる部分はありますか?

渡部:この番組ガイドで写真が使われてるのとか、何も聞かされてないよね(笑)。なんか写真撮ってるなぁと思ったら、気づいたら何かに使われていたりすることはよくあります。まぁこっちからも聞かないしね(笑)

児嶋:そうですね。よく分からないで写真撮られることはよくあります。

――本当にフワッとしてますね(笑)

渡部:番組でもロケ企画をよくやってた時に、カメラさんが1人しかいないのに、児嶋に全然カメラが向いていなかったりとか(笑)

児嶋:そうそう! カメラさんが腰痛くなっちゃったから、盛り上がってきたところなのに止められちゃうとか(笑)。そこもツッコんで面白くなったりするんで良かったですけど(笑)

――東洋経済オンラインの記事(5月19日付)で、チバテレの小森健一郎プロデューサーが「アンジャッシュとあまり話したこともない。たぶん2人は僕のことを誰だか知らないんじゃないか…」と答えていたのですが、本当にご存知ないんですか?

渡部:なんとなくは知ってるんですけど…。「小森さん」って呼んだこともないかもしれないです(笑)

児嶋:確かに。

渡部:本当はそういうの良くないですよね! 僕もあの記事見て、ちょっとドキッとしました(笑)。でも、チバテレから大きな意向もないですし、僕らからも今さらギャラアップしてくれとか言うこともないですし。だから、「来月で終わります」って言われても「そうですか、寂しいですね」くらいの感じだと思います(笑)。なんて言えばいいんだろう…いい意味で、それくらいの空気感なんです、僕ら。

――あらためて長寿番組になりましたが、これまでで一番思い出に残っている出来事はなんですか?

渡部:やっぱり(明石家)さんまさんがゲストに来ていただいたときでしたね(2015年3月)。でも、そこでもチバテレの悪いところが出ちゃって、さんまさんは1〜2週の約束でしゃべってくれたんですけど、もっと行けるんじゃないかみたいな勢いで4週にわたって使って(笑)

児嶋:あれは、僕が仕掛人で渡部とお客さんへのドッキリだったんです。さんまさんが来ることは絶対バレちゃいけないから、「そこだけはお願いしますね」って念を押してたのに、スタッフが迎えに行ってなくて、渡部がいる僕らの楽屋に入ってこようとしちゃったんですよ(笑)。たまたま、扉が開いた瞬間に僕とだけ目が合ったから、急いで向かって「さんまさんすいません!」って謝って。「そういうとこちゃんとしてくれよ!」みたいなこともありました。

――"運だけで選ぶオーディション"で決めたアシスタントが、就任してもうすぐ1年になろうとしていますが、お2人に彼女たちから運がもたらされたことはありますか?

渡部:番組が続いてるっていうことじゃないですかね。ケガもなく続いているのは、運がいいですよね。

児嶋:渡部は結婚じゃないかな? そこはね!

渡部:ああ、そうですね(笑)

――今日はご結婚後初の収録ですよね。

渡部:そうなんです。ほかのレギュラー番組では、みんなこぞって花とかプレゼントとか、すごくお祝いしてくれたんですけど、局に入ったときにチバテレからは何もありませんでした(笑)。だから通常営業って感じ、これがチバテレスタイルです(笑)

児嶋:本番のフリートークでは、僕からご祝儀を渡そうと思ったんですが、渡部がいろいろ駄々をこねて…。この模様は6月27日に放送されると思うので、見てください。

――次の放送(5月30日)には、先週に引き続き、さまぁ〜ずの大竹一樹さんが登場されます。

渡部:考えたら、大竹さんってあんまりゲストでトーク番組に出ないじゃないですか。そしたら、意外と今のお笑いへの思いとかネタの作り方とか、聞いたことない話をしてくれたんです。僕らはもともとバカルディ(=さまぁ〜ずの改名前のコンビ名)のライブに行くくらい大ファンなので、家庭のことも含めていろいろ聞けましたね。いまだにコントライブを続けてることとか、大竹さんのマジメな話ってなかなか見られないので、面白いと思いますよ。

児嶋:今回は、東京03の角田が来るって聞いてたんですけど、渡部からのドッキリで本当に騙されたんで、ビックリして黙っちゃいました(笑)。人間本当にびっくりすると「えー!」とも言えずに固まるんです。でも、本当になかなかない機会で贅沢な回だと思うので、ぜひ見ていただきたいですね。

■プロフィール渡部建(右)1972年9月23日生まれ。東京都出身。アンジャッシュの主にツッコミ担当。食べ歩きをはじめ、高校野球観戦、映画鑑賞など多くの趣味を持ち、バラエティ番組、音楽番組の司会、ラジオのナビゲーターなど、幅広く活躍中。グルメ本や高校野球本なども出版している。児嶋一哉(左)1972年7月16日生まれ。東京都出身。アンジャッシュの主にボケ担当。バラエティ番組への出演のほか、ドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS)や映画『HERO』など、多くの作品で俳優としても活躍している。
(中島優)

関連記事(外部サイト)