月9『貴族探偵』仲間由紀恵の伏線に視聴者絶叫 - 原作者配慮も好評

月9『貴族探偵』仲間由紀恵の伏線に視聴者絶叫 - 原作者配慮も好評

画像提供:マイナビニュース

女優の仲間由紀恵が、29日放送のフジテレビ系月9ドラマ『貴族探偵』(毎週月曜21:00〜)第7話に登場し、話題を呼んでいる。

仲間は初回からこれまで、武井咲演じる新米探偵・高徳愛香が持つスマートフォンの音声アシストサービス「ギリ(Giri)」の声で出演しており「贅沢すぎる」と話題になっていた。第7話では、仲間が実は相葉雅紀(嵐)演じる貴族探偵の秘書・鈴木で、愛香のスマートフォンを操作していたことが示唆され、Twitterでは視聴者が絶叫。「これまでずっとGiriに監視されてたってこと?」「愛香の推理が当たらないのももしかして……」「1話から見直したい」と話題になった。

初回から出演していた愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)が1年前に死亡していたことも判明。第7話ではその死に貴族探偵が関わっている可能性が示唆されたため「怖すぎる」「コメディだと思ってたのにまさか……」といった驚きの声や、「まだどんでん返しがありそう」「どんどん面白くなる」「こんな面白くなるとは予想できなかった」と今後の展開を楽しみにする声が上がっている。

また29日は原作者・麻耶雄嵩の誕生日だったため、エンドロールの名前の横にバースデーケーキのマークが登場するという遊び心も見られ、「ケーキがかわいい」「スタッフの愛を感じる」と好評となっていた。仲間や井川に関わる展開はドラマオリジナルだが、こうした原作への配慮もあり、原作ファンも歓迎ムードに。原作自体に探偵物語の構造を俯瞰して楽しむという側面があるためか、実写化におけるオリジナル部分も、ファンが「どういう構造に改変されたのか」を分析して楽しむという図式が生まれている。

関連記事(外部サイト)