有村架純&菜々緒、夏祭りの思い出を告白「浴衣がはだけて崩れまくって…」

有村架純&菜々緒、夏祭りの思い出を告白「浴衣がはだけて崩れまくって…」

画像提供:マイナビニュース

女優の有村架純と菜々緒が30日、都内で行われた「au発表会 2017 Summer」に出席した。

同社の人気CM"三太郎シリーズ"に、かぐや姫(有村)と乙姫(菜々緒)の姉妹役として出演している2人だが、イベント共演は1年半ぶりだそうで、有村は「撮影でもお会いする機会がなくて、姉妹なのになんでこんなに会えないんだろうって思います」と吐露し、菜々緒は「久しぶりでちょっと緊張しちゃくくらい空いているんですけど、CMは拝見しているので、久しぶりに会ったという感覚は割とないですね」とコメント。

また、新衣装という浴衣を着た感想を求められると、有村は「(今までの衣装の)十二単はとっても重たいので、走れるくらいの身軽さです」と声を弾ませ、菜々緒も「涼しげでいいですね」と笑顔を見せた。さらに、浴衣にかけて"夏祭りの思い出"を聞かれると、有村は「(学生時代に) 初めて浴衣を着て、友だちと夏祭りに行って、最初はキレイに着飾っていたんですけど、終盤になってくると、はだけて崩れまくってボロボロになってしまいました」と回顧。菜々緒も、学生のときにゲームセンターで浴衣の帯が取れてしまった経験があるそうで「お母さんみたいな方がいらっしゃったので、(お願いして)直していただいて、事なきを得ました」と言い、「ハプニングがないと人に助けてもらうということがないので、人の温かさを感じられた夏祭りでした」としみじみと語った。

同発表会では、三太郎シリーズの新CMもお披露目され、CM撮影秘話を聞かれた有村は「アドリブ合戦みたいなところがあって、現場で楽しく撮影しています。もう3年くらいやっているのでチームワークもいいですね」と笑顔を見せ、菜々緒は「アドリブを使われていることの方が多くて、8割くらい採用されています。笑いをこらえるのが必死な現場です」と打ち明けた。さらにヨーヨー釣り対決が行われ、今回初体験という菜々緒が7個取ったのに対し、中学生振りという経験者の有村は5個しか取れず、有村は「お姉ちゃんには敵わないですね」と肩を落とした。

関連記事(外部サイト)