西島秀俊、「途中で笑って止めてしまう」石田ゆり子が"かわいらしい"

西島秀俊、「途中で笑って止めてしまう」石田ゆり子が"かわいらしい"

画像提供:マイナビニュース

俳優の西島秀俊が30日、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜21:00〜)の第8話終了後のツイッター企画に参加。共演した石田ゆり子の"かわいらしいと思うところ"を明かした。

番組では、ドラマの放送終了後にドラマに関する質問をツイッター上で募集し、出演者らが回答。西島は第8話で、石田と恋模様を演じたが、視聴者からの「石田ゆり子さんのかわいらしいところは?」という質問に対し、「本番になると集中してそんなことはないのですが、最初のテストではとても恥ずかしそうに2人のシーンを演じて、途中で笑って止めてしまうところです」と振り返った。

また、同話では7分30秒にもおよぶノンストップのアクションバトルが繰り広げられたが、撮影を終えた際の心境を、主演の小栗旬は「もはやクランクアップのような気持ちでした」と述懐。野間口徹も「アドレナリンが出まくっていました。エアロスミスを熱唱して帰りました」と明かし、敵役のプロレスラー・土井成樹は「とにかく迷惑かけないようにと思ってたんで、試合よりも緊張しました」と吐露した。

第8話の視聴率は、関東で10.5%、関西で11.9%をマーク。他の地区も、広島で自己最高の14.9%を記録したほか、静岡で17.0%、名古屋で14.3%と好調で、主要8地区平均は13.0%と前週から上昇した。

また、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率を合算して重複分を除いた総合視聴率は、現時点で集計できる第6話までの平均で20.6%となっている。

視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ。

関連記事(外部サイト)