天海祐希の亡き夫役・眞島秀和がまさかの再登場 -『緊急取調室』で"謎の男"

天海祐希の亡き夫役・眞島秀和がまさかの再登場 -『緊急取調室』で"謎の男"

画像提供:マイナビニュース

俳優の眞島秀和が、8日に放送されるテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜21:00〜)の第8話に出演し、"謎の男"を演じる。

主演の天海祐希演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、特別取調室で取り調べを行う緊急事案対応取調班(通称・キントリ)のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げていく同作。眞島は、同作の第1シリーズから、有希子の亡き夫・匡役で出演している。

匡は元刑事で、警察による裏金工作の事実を知ってしまい、口封じのために殺されてしまった人物。そのため、第1シリーズでは回想シーンで登場し、第2シーズンでは有希子のデスクに飾ってある写真でのみ姿を見せてきた。

それを演じた眞島が、今回は"謎の男"として登場。きょう1日の第7話の最後に流れる予告映像にも登場し、その素性のヒントとなる情報が明かされる。

今夜放送の第7話では、通販会社で辣腕を振るう女性課長が殺され、キントリ・チームは被害者の部署で働く女性パート従業員3人(田中美奈子、阿知波悟美、西原亜希)の事情聴取を実施。事件の真相と女の本性を暴いていく。

関連記事(外部サイト)