花澤香菜、声優としての姿勢語る「常に心動かして変化していきたい」 - 初の海外ドラマ吹き替えは"パワフルすぎる"役

花澤香菜、声優としての姿勢語る「常に心動かして変化していきたい」 - 初の海外ドラマ吹き替えは"パワフルすぎる"役

画像提供:マイナビニュース

●パワフルな役に「毎回汗だくになるんだろうな」
『iCarly』や『ビクトリアス』といった人気海外ドラマを手がけてきたプロデューサー、ダン・シュナイダーの最新シリーズ『ゲームシェイカーズ』が、6月7日(毎週水曜19:25〜)からNHK Eテレにて全25回で放送される。舞台はアメリカ・ニューヨーク、中学生のベイブとケンジー(CV.釘宮理恵)が学校の宿題で制作したゲームアプリ・スカイホエールを発売し大人気となり収入を得たことで、クラスメートのハドソン(CV.下野紘)を誘って"ゲームシェイカーズ"という会社を設立していくといった物語だ。このベイブを演じるのが、声優・花澤香菜。『〈物語〉シリーズ』の千石撫子をはじめ、近年ではアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の"黒髪の乙女"役で星野源とも共演するなど活動の幅を大きく広げている花澤だが、意外にも海外作品の吹き替えは2回目で、ドラマのそれは初となる。

そんな花澤の『ゲームシェイカーズ』のメディア向け公開アフレコが5月中頃、都内のスタジオで行われた。元気いっぱいのベイブを演じる花澤はマイクを前に、まるでアメリカ人のように大きく身振り手振りを交えながら、表情豊かに演技を繰り広げていた。初めての海外ドラマ吹き替えへの心境や自身が演じるベイブに対する思い、そして本作とコラボレーションした同Eテレの情報番組『Rの法則』に出演した際の感想などさまざまな角度から本作に対する眼差しについて花澤に聞いた。

○演じるベイブはパワフルすぎるほど「ただただ前向き」

――今回、初の海外ドラマの吹き替えですが、今まで声をあててきた日本のアニメとの違いをお聞かせください。

私、吹き替えは今回が2回目だったんです。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』(17年)が初めてで、その時も思ったんですけど、外国の方は日常会話でも身振り手振りが大きくて表情豊かにお喋りするじゃないですか。それと普段の私の喋りとでは、パワーが違います。なので「体力つかうなぁ」と思いながらアフレコしてたんですけど、今回はさらに(演じるのが)中学生でパワフルすぎるくらいなんです。まだアフレコは1回しかできていないのですが、作風もドタバタコメディで、ボケたりツッコんだり叫んだりするので「毎回汗だくになるんだろうな」という感じがしますね。

――中学生の役自体は、これまでにも(『〈物語〉シリーズ』の)千石撫子をはじめ、様々されてきたと思うのですが、そういったアニメのキャラたちとベイブの印象は違うものなのでしょうか。

ベイブは思ったことをしっかり言うし、あまり悩みも抱え込まないタイプなんです。アニメで中学生が描かれる時…仰った撫子だと結構、内面にいろんな事情を抱えていて、モノローグで吐露するような描写があるんですけど、それとは全く違いますね。今回のベイブは、「どんな困難もガツガツ解決していくぜ!」といった、ただただ前向きな感じが見ていて元気になるような女の子なんです。

――そういう時って言い方もやっぱり強めだったり?

そうです! もう逃げ場をなくさせながら、笑顔で「うん」と言わせるように(笑)。

○振り回されたいポジションだった学生時代

――そんなベイブはゲームアプリを開発して会社まで起こしますよね。中学生の頃に、そういったクラスメートがいたらどんな風に思いますか。

いやぁ尊敬しますね(笑)。私も子役のお仕事をしていたものの、自分で何か開拓していこうという気持ちは無かったので。ベイブはすごい度胸と向上心と…あと少し悪知恵を働かせるところもあって、そこがすごく可愛いんです。そんな頭の回転の速さがあるから会社を起こすことになるんでしょうね。それに、悪知恵が働くんだけど悪くなりすぎないんですよ。可愛さでカバーしているし、ちゃんと人に喜んでほしいとか心根が良いところもあるので。自分をちょっと大人っぽく見せたいという感じもすごく可愛らしくて大好きです。

――中学生時代にベイブと会っていたら、お友達になりたいですか?

この作品にはベイブとケンジーという2人の女の子が出て来るんですけど、ベイブは色んな人を巻き込んでいくタイプの女の子で、ケンジーはすごく頭が良くてしっかりしていて。ちょっと変なところもあるんですけど、ベイブにどんどん巻き込まれていって一緒に"ゲームシェイカーズ"を設立するんです。私は学生時代、ガツガツ精力的に活動する方ではなかったので、ケンジー的ポジションになるのかなと思います。それでベイブに振り回されたい感じはしますね。

――ケンジーのようにどちらかと言えば、大人しい感じの中学生だったのでしょうか。

そうですね…ボーっとしてました(笑)。今もそんなに変わらないですけど、上手く自分の気持ちを言葉にするのが苦手というか。本当にベイブとは真逆だったと思います。

○企み顔のベイブに親近感

――当時観ていたお好きな海外ドラマはありますか。

『フルハウス』シリーズをずーっと観ていました。今では『フルハウス』に出演していらっしゃった声優の方にお会いする機会もあるんですけども、「あのキャラの人だ」と思ったりするくらい本当に大好きでしたね。

――なるほど。今回の共演の釘宮(理恵)さんや下野(紘)さんとのやりとりはいかがですか。

実はまだ一緒には録れてないのですが、完成した1話は観させていただきました。その1話の最初の場面で、ケンジーが真面目で頭の良い子というのが分かるシーンが出てくるんですけど、どんどんおかしくなっていくんです(笑)。お茶目な部分がたくさん出てくるんですね。その天然な部分を釘宮さんが「これでもか」というくらいに全力で演じられているので注目してほしいなと思います。
下野さん演じるハドソンは笑い方が特徴的なんですよね。「そう言えば下野さんも笑い方が特徴的だったな」、「ぴったりだな」と思っていたんですけど、1話でもすごく変な笑い方をしてました(笑)。そこも注目です。

――ご自身としては、手応えはありましたか。

ベイブは結構、企み顔をするんですよ。その表情と私の声色は「何となく合っているかもしれないな」という感じはしました。でも実感は、これからどんどんベイブというキャラを掴んでいってからだと思うので、頑張ります。

●常に意識している「心を動かす」ということ

○全力の演技で収録後は"屍"状態

――現時点で工夫している点はありますか。

朝ごはんはとびきり甘いものを食べていきます。糖分と炭水化物をちゃんと摂ってから(アフレコに)行くようにしてますね。こういう役をやっていると汗だくにもなりますし、お腹が空いてきちゃうんですよね。

――先程のアフレコでは身振り手振りも大きかったですものね。

多分、普段のアフレコでも自然にやっていると思うんですけど、今回は特にベイブがやるような動きを真似した方が(役が)出てきやすいというのもあって、こうしてやっちゃうんですよね(とベイブのように大げさな手振りを示す)。

――それだけパワフルに演技されていると、収録後はやはりどっと疲れてしまんでしょうか。それか、役のまま元気に外に出て行くような感じなのでしょうか。

全力で取り組んでいるので、屍のようになっています(笑)。移動時間で回復しますね。

――なるほど。それでは、ストーリーの面白みはどんなところにありますか。

どういうゲームを作っていくのかという企画をベイブたちがどんどん進めていくところも面白いですし、会社がどうなっていくのか見届けるのも楽しいと思います。"ゲームシェイカーズ"の周りに面白いキャラがたくさん出て来るんですよ。誰一人として薄い人物がいなくて、毎回新しい面白い人がやってくるところが見どころですね。

――ゲーム会社と言えば、ご自身は普段ゲームはやられますか。

もう…ゲームのセンスがないんですよ! すぐ死んでゲームオーバーになっちゃいます(笑)。なので、他の人のプレイを観ている方が楽しいタイプですね。

――そんな中でも今まで夢中になったゲームと言うと?

『ぷよぷよ』ですね。それと『ポケモン』に『桃鉄』。運でもいけちゃう感じのゲームを楽しんでいました。

○知識だけでなく色々な体験を…「常に心動かしていたい」

――なるほど(笑)。それでは、『Rの法則』に出演された感想をお聞かせ下さい。

10代に向けて作られている番組で、その10代の子たちに声優を目指してる方が多いという話から声優特集になって。声優体験をR's*の皆がしているのを見ていて「私もこういうのやってきたな」とか「今はこういうレッスンがあるんだ!」とか発見がたくさんあって面白かったです。

*R's:10代の番組レギュラーメンバー。さまざまなテーマを調査、体験していく。

――司会のTOKIO・山口(達也)さんたちと絡んだ印象はどうでした?

番組の雰囲気が良すぎて、とっても居心地が良くて、「これはずっと山口さんが作られてきた空気なんだろうな」と強く思いました。あとは、おかずクラブの御二人がベイブのセリフをアフレコする場面がもう面白すぎて(笑)。「ああこういうやり方もあるんだ!」と思って楽しませていただいちゃいました。

――声優を目指す10代の子たちにもしアドバイスをするとしたらどんなことを伝えたいですか。

まず、私も先輩から「常に心を動かしていた方が良いよ」とアドバイスをいただいたことが印象に残っていることとしてあるんですね。一つは、お芝居でちゃんとキャラと一緒に心を動かして演技をすることだと思うんです。もう一つは、自分で刺激的なことを探しに行って心動かされる体験をたくさんしておいた方が、芝居に良い影響を与えるんじゃないかということですね。なので、その心を動かすということはとても気にしています。(声優は)どうしても続けていくのが難しいお仕事だと思うんですよ。自分の心の動くものを探しに行って、自分自身もそれに影響されてどんどん変わっていく…「変化していかないと」と思っています。それと繋がるんですけど、多分どんなお仕事をするにも、知識だけじゃなく心動かされる色んな体験をしていたらきっと将来役に立つ…かしらと思います。

○今後は大人のドラマにも挑戦!?

――それでは花澤さん、最近は何に心動かされましたか?

『ラ・ラ・ランド』(17年)です! もう私、踊りながら帰りましたもん。

――やはり何か作品を観て心動かされることが多いですか。

お休みの日だったら、映画を観たり生のものを観たりできるんですけど、お仕事している中でも、「この人すごく優しいなぁ」とか「こういう気の利き方、私もしていきたいなぁ」とか人とのやり取りの中での感動もまたたくさんあるので、本当に色んなところからという感じですね。

――最後に、今後海外ドラマでこういう作品でこういう役をやってみたいというのはありますか。

今回はドタバタコメディなので、『アリー□my ラブ』(□はハートマーク)みたいな大人のドラマもやってみたいです。果たして私の声に合うのだろうかというのもあると思いますけど(笑)。

■プロフィール
花澤香菜
1989年2月25日生まれ。東京都出身。幼少時より子役として活動し、2003年にTVアニメ『LAST EXILE』で声優としての活動をスタート。2009年に『化物語』(『〈物語〉シリーズ』)の千石撫子役に抜てきされ活動の幅を広げながら、2012年からはシンガーとしてもデビュー。ROUND TABLE・北川勝利や元Cymbalsの沖井礼二や矢野博康、カジヒデキといった"渋谷系"のアーティストから楽曲の提供を受け、精力的に活動する。近年に担当してきた主な役どころとして、『てーきゅう』シリーズの板東まりも、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズの常守朱、『凪のあすから』(2013年)の向井戸まなか、『3月のライオン』(2016〜17年)の川本ひなた、『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)の黒髪の乙女などがある。本作では、"ゲームシェイカーズ"のリーダー的存在・ベイブの役で海外ドラマの吹き替えに初挑戦する。

(C)2017 Viacom International Inc. All Rights Reserved.
(青野恵介)