木村拓哉『無限の住人』上映国拡大中! 海外メディア、絶賛レビュー続々

木村拓哉『無限の住人』上映国拡大中! 海外メディア、絶賛レビュー続々

画像提供:マイナビニュース

俳優・木村拓哉が主演を務める映画『無限の住人』(公開中)が、アメリカ、オーストラリア、ドイツに加えて、新たにイギリス、オーストリア、スイス、ニュージーランドで公開されることが決定。この発表に合わせて、一部海外メディアのレビューも届いた。

アメリカでの公開は、『十三人の刺客』の31スクリーンを超え、三池崇史監督史上、そして木村の邦画主演作史上で最大規模になるという。

5月18日時点で、米批評家サイト"Rotten Tomatoes"での批評家の評価は80%、世界最大のオンラインデータベース"IMDb"での評価ポイントは「☆8.2」。ガーディアン紙のレビューでは星4つを獲得した。

また、アメリカの映画情報誌『Hollywood Reporter』は、「本社バーバンクのエグゼクティブ達がこの作品を手本にして、『スーサイド・スクワッド2』を三池監督に任せることも夢ではないだろう」。

イギリスのエンタメ情報サイト『The Upcoming』は、「剣戟アクションの演出は称賛されるべき出来。撮影法も素晴らしく、それはまるで薄暗いブリューゲルの絵画のようだ」とそれぞれ評価している。

○海外メディアの反応

■Hollywood Reporter(アメリカ/映画エンタメ情報週刊誌)
三池監督の記念すべき100作品目となる『無限の住人』は、彼の溢れ出る無鉄砲なエネルギーと才覚が失われていないことを特徴づける最高峰の作品だ。近年のハリウッドのどのアクション映画よりも力強いスタイルを持ち合わせるが、皮肉にもこの作品は今年のカンヌ唯一の大手スタジオの作品なのだ。ユーモアがありバイオレンスに満ちた唯一無二の作品は、ワーナー・ブラザースの日本部門が製作。本社バーバンクのエグゼクティブ達がこの作品を手本にして、『スーサイド・スクワッド2』を三池監督に任せることも夢ではないだろう。

■Screen Daily(イギリス/映画情報サイト)
多くの作品を手掛けてきた三池崇史監督の100作品目。沙村広明の大人気アクションコミック×三池崇史の鮮やかなシネマパンクがさく裂。オリジナリティ溢れるバイオレンスな復讐劇は、艶やかでハイエンドな仕上がりは味わい深い。主演はアジアのエンターテイメント界のスター、木村拓哉。不死身の男は、傷を負った瞬間癒される。ただこの不死身という運命もまた諸刃の剣なのである。

■First Showing(アメリカ/映画情報サイト)
数時間前に本編を観終えてきたばかりだが、これはヤバい! サムライたちが何百人も束になって戦いを繰り広げている様はまさに圧巻! バイオレンスもクスリと笑えるシーンもある。そしてセットも衣装もゴージャスだ。

■The Upcoming(イギリス/エンタメ情報サイト)
剣戟アクションの演出は称賛されるべき出来。撮影法も素晴らしく、それはまるで薄暗いブリューゲルの絵画のようだ。三池監督は、様々な登場キャラクターたちの道徳観も問う。彼らの悪を正当化しながら、彼らの行動を罰する事が出来るのか? 浮世離れした面白さが、絶え間なく続くエンターテイメントだと言える。

■Flickreel(イギリス/映画情報サイト)
三池監督は往年の時代劇の手法でアクションシーンを撮影する。それはまるで深作欣二監督の作品を思い出させ、しかし速いフレームで役者を追いながら緊迫感を漂わせる彼の近代的な映画マジックも盛り込まれる。クライマックスは『十三人の刺客』に比類するレベル。だが『無限の住人』はドラマのあるスリリングなアクション映画でもあるのだ。

■The Guardian(イギリス/新聞)
三池ワールドが全開。そのアクションは、『LOGAN/ローガン』や他のハリウッド作品とも違う。アクションで衣装がなびくたびに興奮が止まらない。

関連記事(外部サイト)