浅田舞、下乳見せた肉体美あらわな衣装で本格女優デビュー「今からドキドキ」

浅田舞、下乳見せた肉体美あらわな衣装で本格女優デビュー「今からドキドキ」

画像提供:マイナビニュース

タレントの浅田舞が、舞台『煉獄に笑う』(8月24日〜、東京・サンシャイン劇場ほか)で、本格的に女優に初挑戦することが2日、明らかになった。下乳を見せた肉体美あらわな衣装で、妖艶な遊女を演じる。

これは、同名のコミックを舞台化するもので、戦国乱世に羽柴秀吉の命を受けた小姓・石田佐吉(後の三成)が、大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・雲芭恋と阿国を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地丹波との一戦を向かえるというストーリー。

浅田は、遊女かつ情報屋の弓月役を演じ、下乳からヘソまでを見せた肉体美あらわな妖艶なビジュアルも解禁された。浅田は「初のセリフ有りの舞台で、今からドキドキですし、他のキャストの皆さんにご迷惑をかけないよう、頑張ります!」と意気込みをコメント。「原作がコミックで、その中の役を演じるのも初めてのことなので、良く作品を理解し、自分なりの弓月を作り上げられれば」と話している。

同舞台は完売が続き、東京で2公演、大阪で1公演の追加公演が決定。東京公演は8月24日から9月3日まで全16回、大阪公演は森ノ宮ピロティホールで9月8日から10日まで全5回にわたって行われる。

関連記事(外部サイト)