"地上波にできない"Hulu音楽番組でアーティストとファンに「幸せな関係」- 仕掛人に聞いたネット配信番組の可能性

"地上波にできない"Hulu音楽番組でアーティストとファンに「幸せな関係」- 仕掛人に聞いたネット配信番組の可能性

画像提供:マイナビニュース

●イエモン、Dragon Ash…大物バンドが続々出演
日本テレビと映像配信サービス・Huluが共同プロジェクトとして展開する音楽番組『TOKYO BEAT FLICK』の第2弾が、きょう6月2日から配信を開始した。音楽界をけん引するアーティストをゲストに迎え、オリジナルのセットリストでライブを展開する同番組。地上波ではできない、フルサイズでのパフォーマンスを視聴できるのが大きな特徴で、今回の第2弾には、今年20周年を迎えるDragon Ashが登場する。

そこで、日本テレビの川邊昭宏プロデューサーに、あらためて番組を立ち上げた経緯や今後の展望を聞いた――。

大型特番『THE MUSIC DAY』の総合演出を担当し、『バズリズム』『チカラウタ』といった番組を立ち上げるなど、日テレ音楽番組のリブランディングに取り組んできた川邊氏。昨年6月に、同局傘下のHuluも担当する部署へ異動し、すぐに動き出したプロジェクトが『TOKYO BEAT FLICK』だった。

川邊氏は「地上波の音楽番組だと、新曲が出るときにその楽曲を"テレビサイズ"と言われる3分程度にして披露してもらい、面白いトークも収録して放送するというスタイルになっています。しかし、それでは生演奏にこだわり、ライブで威力を発揮するようなアーティストの方々の魅力を、どうしても伝えきれないというジレンマが、長年音楽番組に携わっている中でありました」と振り返る。

そんな中、Huluという配信サービスをグループに持ったことで、「ライブがフルサイズで、何曲もいつでも見られ、サウンドチェック、リハーサルと、ある程度時間をかけてそのバンドの音を再現できる番組ができる」と考えて企画したそうだ。

こうして実現した第1弾は、THE YELLOW MONKEY(イエモン)を迎え、昨年10月から3カ月限定で配信。Huluとしては、新規会員の獲得などの好成績につながり、イエモン側としても、同番組に加えて『バズリズム』『THE MUSIC DAY』と連動したことで立体的にプロモーションを行うことができ、CDの売上、コンサートの動員数なども含め、「ご本人たちやレコード会社にもご好評をいただきました」と、手応えがあったそうだ。

そして、ユーザー側にも好評だった。特に、SNSをチェックすると、従来のファン層である30〜40代以外にも、普段スマホでHuluのドラマやバラエティを見る10〜20代ユーザーから、「初めて見たけど、イエモンってかっこいい」といった声が頻出しており、新たな層へのリーチも実感したという。

こうした若い世代は、音楽フェスに行く中心層でもあり、「配信における音楽番組は、フェスの体験に近い部分が提供できると思っています」と親和性も。「地上波のテレビだと、広い層に楽しんでもらえるのを作ることが役割になりますが、配信では、よりアンテナを張っている人たち、もっとコアに演奏や歌が聞きたいという人に、どれだけ良いものがを提供できるかになってくるので、フェスに近い感覚で作っています」と狙いを語る。イエモンにしても、Dragon Ashにしても、フェスの大トリを務める大物バンドだ。

前回の反応を見て、川邊氏は「WIN-WINの関係ができた」と分析。「6〜7曲も披露するので、1曲だけでは当然できない世界観が表現できるというアーティスト側のメリットがあります。レコード会社さんも、例えばアルバムの中から複数曲を見せることで、アルバム全体の世界観をプロモーションできる。ユーザーからしてみたら、地上波のような1曲のカット割りだけでは見られない演奏スキルを、繰り返し見ることができる。だから、本当に実力のあるアーティストと、それを見たいファンにとって、非常に幸せな関係が作れたと思います」と話す。

(C)NTV

●コメディ・コントバラエティの制作にも意欲

第2弾で登場するDragon Ashは、今回の出演について最終的に第1弾のイエモンの映像も見て快諾してくれたとのこと。「コンテンツの魅力、さらにスタッフの技術力もストレートに見てもらって、ご本人たちが判断してくれました」と、映像のクオリティには絶対の自信を持っており、次の第3弾アーティストとの出演交渉のためにも、Dragon Ashの映像は「妥協したくない」と力を込める。

これまでは、ロックバンドにオファーをかけてきたが、「今はフェスも多様化しています。いわゆるゴリゴリのロックバンドもいれば、ジャズもいれば、エレクトロのダンスポップもどんどん出てきていますし、最近ではアイドルも進出してきて、ボーダレスになっている。だから、この番組も、お客さん相手に自分たちのスキルを見せるアーティストがどんどん出てきて、ボーダーは外れていくんだろうなと思っています」と予測する。

また、Huluは、5月17日にシステムのリニューアルを実施。これによって、リアルタイム配信がPCだけでなく、モバイルでも視聴できるようになった。そのため、この番組も「次なるステップとしては、ぜひ生ライブ配信をやってみたいです。Huluサイドからもリクエストがきているので、ご協力いただけるアーティストがいれば、アーカイブも残すような形でチャレンジしたいですね」と意欲を語った。

丁寧にクオリティの高い番組づくりを意識している『TOKYO BEAT FLICK』だが、それだけに、「深夜の音楽番組1本の制作費では、当然収まらない金額で作っています」。それでもテレビ番組が概ね1回で放送が終わってしまうのに比べ、配信番組は期限まで数カ月や年単位で何度も視聴できるコンテンツのため、その分の予算をかける価値があるという。

日テレで『しゃべくり007』『嵐にしやがれ』といったバラエティ番組を演出として立ち上げてきた川邊氏だけあって、コストパフォーマンスの面などから地上波で敬遠されがちなコメディやコントバラエティの制作にも意欲的だ。「今、Huluではシットコムと言われるワンシチュエーションドラマの『住住』『架空OL日記』『ニーチェ先生』といったコンテンツも、ものすごく好評をいただいています。実は企画が進んでいて、この秋冬に向けて新しいシットコムを1つリリースします」と予告した。

「バカリズムさんをはじめ、作家性の高い脚本が書ける芸人さんの才能は、まさに音楽のアーティストに匹敵するコアファンをつかめる才能だと思いますが、どうしても、地上波のゴールデン・プライムタイムでは世帯視聴率が取れなかったりします。ところが、例えば『架空OL日記』は夜中の2時過ぎの放送なのですが、Huluでの再生数が、すごい数字になっていたりしているので、才能のある方々にドラマやコメディを作ってもらうというのは、力を入れていきたいジャンルですね」と、今後の構想を示している。

川邊昭宏
1972年生まれ、埼玉県出身。明治大学商学部卒業後、96年日本テレビ放送網に入社。『THE夜もヒッパレ』などを担当し、『しゃべくり007』『嵐にしやがれ』『バズリズム』『チカラウタ』の立ち上げ、『24時間テレビ』総合演出などをへて、2016年6月からHuluも担当する部署に異動し、『TOKYO BEAT FLICK』『渡部の歩き方〜グルメ王の休日〜』を企画。現職は、編成局編成センター総合編成部専門副部長。

(C)NTV
(中島優)

関連記事(外部サイト)