小林麻央、長女から体の変化指摘され「いろいろなことが隠せません」

小林麻央、長女から体の変化指摘され「いろいろなことが隠せません」

画像提供:マイナビニュース

乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が1日、自身のブログを更新し、長女の麗禾ちゃんと長男の勸玄君とのやりとりを明かした。

先月29日に退院し、在宅医療に切り替えた麻央は、「6月1日」というタイトルで更新。「今朝は、娘が開口一番に、『ママ、今日から6月だよ!』と言いました。さわやかな言葉ですね!」とつづり、「続けて、『大変ママ! 足がふくれてるよ』」と言われました」と報告した。

そして、「娘は本当によく気がつきます。気がつきすぎるので、いろいろなことが、隠せません」と麻央。「今日は、雨だったせいか、眠気もあって、昼間じゅう、足を高くして寝ていました。そんなこんなですが、平穏に夜を迎えています!」と伝えた。

また、ハンドベルを鳴らす勸玄君の写真を掲載し、「ママ、苦しいとき、大きい声で呼べないから、これ、こうやって鳴らしていいよ」と、ハンドベルを子供部屋から持ってきてくれたエピソードを披露。「なかなかやるな、息子!」とつづった。

続けて、「でも、息子、、、私の部屋に来るたび、ハンドベルを両手で思いっきり鳴らして遊ぶものだから、『かんかんが、そんなに鳴らしたら、ママが本当に苦しいとき鳴らしても、あ、また かんかんかな?って思われちゃうよ。』と言いました」と勸玄君にツッコんだことを明かした。

関連記事(外部サイト)