博多祇園山笠に高さ13m"スター・ウォーズ花笠"登場! BB-8やレイ描く

博多祇園山笠に高さ13m"スター・ウォーズ花笠"登場! BB-8やレイ描く

画像提供:マイナビニュース

日本三大祇園祭の一つである「博多祇園山笠」(福岡)にて、映画『スター・ウォーズ』のキャラクターが飾られた「スター・ウォーズ山笠」の制作が決定し、デザイン画が2日、公開された。

12月15日に最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開を迎える『スター・ウォーズ』シリーズ。全米興行収入ランキング歴代No.1を記録し、日本でも社会現象級の大ヒットとなった前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く。

『フォースの覚醒』が公開された2015年には、さっぽろ雪まつりの「雪のスター・ウォーズ」を皮切りに、青森の「スター・ウォーズねぶた」「田んぼアート」、京都での「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神雷神図屏風」など、各地でさまざまな"スター・ウォーズ現象"が生み出されたが、続編『最後のジェダイ』が公開となる今年は、さっぽろ雪まつりの「白いスター・ウォーズ」でスタート。続いて、776年の伝統を誇る国の重要無形民俗文化財で、昨年末にはユネスコ無形文化遺産にも登録された伝統行事「博多祇園山笠」に「スター・ウォーズ山笠」が登場することとなった。

『スター・ウォーズ』キャラクターが飾られるのは、"走る飾り山笠"とも言われる「八番山笠 上川端通」で、高さ13メートル(予定)、重さ2トンという実際に走る山笠では最大のもの。ルーカスフィルム監修による「スター・ウォーズ山笠」は、C-3POとR2-D2、BB-8らドロイドのほか、ダークサイドを思わせる真っ赤な炎の中のカイロ・レン、そして前作でフォースを覚醒させたヒロイン・レイが青い波を背景にカイロ・レンに挑むような姿が描かれたデザインとなっている。「八番山笠 上川端通」で洋画を題材にした山笠の制作は史上初の試み。

博多祇園山笠 八番山笠 上川端通 今年の代表にあたる総務の帆足直之氏は「ユネスコ無形文化遺産登録後、初めての博多祇園山笠行事を迎えますので、世界に発信する山笠と位置付け、『スター・ウォーズ』を題材に選びました。巨大な"走る飾り山笠"を博多で実際にご覧ください」とコメント。 また、制作にあたる人形師の田中勇氏は「大変光栄であるとともに大きな重圧も感じております。日本のみならず世界中の皆様に喜んでいただける作品にできるよう、現在鋭意制作中です」と意気込んでいる。

「スター・ウォーズ山笠」は、7月1日〜14日まで上川端商店街(福岡市博多区)に飾られ、同12日の「追い山馴らし」、同15日の「追い山」で、初夏の博多の街を駆け巡る。

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)