藤原竜也主演『リバース』運命の出会いは復讐劇だった…さらなる犠牲者も!?

藤原竜也主演『リバース』運命の出会いは復讐劇だった…さらなる犠牲者も!?

画像提供:マイナビニュース

俳優の藤原竜也が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『リバース』(毎週金曜22:00〜)の第8話がきょう2日に放送される。

本作は、湊かなえの同名小説を原作とする物語。主人公のサラリーマン・深瀬和久(藤原)らが、10年前に大学のゼミ仲間らと行った旅行で起きた親友・広沢由樹(小池撤平)の不審な事故死と向き合っていく様を描く。

前回ラストで、深瀬たちに告発文を送っていたのは、広沢と付き合っていた女性…美穂子(戸田恵梨香)だったことが明らかに。また、各所で浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)、谷原(市原隼人)にも接触していたことも判明。"運命の出会い"は、美穂子により企てられた復讐劇だったということを知り、深瀬は愕然とする。

第8話では、連絡が取れないまま、冴えない自分に振り向いてくれた美穂子の笑顔ばかりが頭の中を駆け巡る深瀬。一方、10年前の事件について、兄である村井に疑惑を抱いている明日香(門脇麦)は、何かを隠しているかのような素振りを見せる村井を問い詰める。そんな中、新たな見解に辿り着いた小笠原(武田鉄矢)は、深瀬を呼び出すが…。また、今夜新たな犠牲者が出るという。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)