窪田正孝、主演映画『東京喰種』が23カ国で上映 - 海外ファンからも期待

窪田正孝、主演映画『東京喰種』が23カ国で上映 - 海外ファンからも期待

画像提供:マイナビニュース

俳優の窪田正孝が2日、都内で行われた主演映画『東京喰種 トーキョーグール』(7月29日公開)のキックオフイベントに、萩原健太郎監督、松竹 常務取締役映像本部長 大角正、永江智大プロデューサーとともに登場した。

同作は、石田スイによる同名コミックの実写化。これまでTVアニメ化、舞台化、ゲーム化など、さまざまなメディアミックスが展開され話題を呼んできた。物語の舞台は、食人の怪人"喰種(グール)"が潜む東京。ある喰種に襲われたことで、半喰種と化してしまった大学生・金木研(カネキ/窪田)が自分自身と向き合っていく。

大角常務は同作が「実写映画のベスト5に入るのを狙っています」と語り、配給国が23カ国に及ぶことを発表。「アニメ以外でこのくらいの時期に、この規模の配給が決まっているとは、珍しいことです」と説明した。上映国は北米、ヨーロッパ、アジアにわたると言い、「海外の配給会社が、海外に『グール』のファンがたくさんいるということを知っている」とその理由を語った。

この展開に、窪田は「日本の文化として、アニメが世界に愛されてることがわかりましたので、みんなで気を引き締めて世界に」と意気込む。イベントでは、中継でつながった、韓国、アメリカ、フランス等の海外ファンともコミュニケーションをとった。

また、イベントでは原作者の石田がタブレットによって参加。最初の挨拶を「石田です」のみで済ませ、会場を笑わせた。石田は改めて、映画化について「カネキをもし窪田さんにお願いできるなら、見てみたいなと思いました。初めて窪田さんを拝見した時に、グールの映画はやるつもりないけど、万が一実写化するならこの人がいいなと感じたので」と、自らのリクエストということを明かした。

窪田は「やっぱり生みの親である先生に、直々にこう言っていただけるというのは本当に光栄です」と感謝。「すごくビビっていて、先生がコメントを出してくれるからこそ、救われた部分がたくさんありました」と心境を吐露した。撮影では「マスクが苦しかった」と苦笑しながら振り返った。

この日は配給国のほか、音楽をドン・デイヴィス、グールの音などの効果音をニコラス・ベッカーが務め、主題歌が野田洋次郎のソロプロジェクト・illionによる「BANKA」であることも発表された。

関連記事(外部サイト)