高杉真宙、思春期に揺れ動く繊細な姿 - 『逆光の頃』予告&場面写真

高杉真宙、思春期に揺れ動く繊細な姿 - 『逆光の頃』予告&場面写真

画像提供:マイナビニュース

俳優・高杉真宙の主演映画『逆光の頃』(7月8日公開)のポスター、予告映像、及び場面写真が2日、公開された。

同作は「コッフ?のフチ子」の原案者であるタナカカツキにより、1998年〜1989年に「コミックモーニング」にて連載された同名コミックを実写映画化。京都を舞台にした少年の揺らめきが描かれており、12編から構成される原作の中から「僕は歪んた?瓦の上て?」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリシ?ナル部分を映像化した。

今回公開された予告編では、主人公・孝豊(高杉)が思春期の中で揺れうごく感情が切り取られている。京都を舞台に、截金を生業とした父や、音楽の夢を抱く同級生の公平(清水尋也)の言葉が孝豊の心にさざ波を起こす様や、孝豊を明るく照らす幼馴染・みこと(葵わかな)の姿が描かれていく。

また、6月10日には、高杉、葵、清水、小林啓一監督が登壇する完成披露上映会の実施も決定した。新宿シネマカリテのオンラインチケットにて販売される。

関連記事(外部サイト)