鉄拳、テレ東ドラマ『居酒屋ふじ』イラスト描く - おやじの泣ける話表現

鉄拳、テレ東ドラマ『居酒屋ふじ』イラスト描く - おやじの泣ける話表現

画像提供:マイナビニュース

お笑い芸人でイラストレーターの鉄拳が、テレビ東京系新土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』(7月スタート 毎週土曜24:20〜)の全話の挿絵を担当することが3日、わかった。

同作は、栗山圭介による小説『居酒屋ふじ』(講談社)を実写化。中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台に、死体役しかまわってこない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめとした常連客の著名人や、「ふじ」の"おやじ"が残した逸話に刺激を受けていく。

鉄拳が描くのは劇中内に差し込まれるイラストで、今は亡きふし?の名物店主・おやし?の豪快すき?るエヒ?ソーを表現していく。内容は「戦後の闇市の話」「ちょっひ?りエッチなエヒ?ソート?」「あの超有名スホ?ーツ選手との泣ける男の約束」なと?、おやし?の数々の逸話が蘇る。

第1話て?は終戦直後の混沌とした社会の中て?、おやし?か?たくましく生きなか?ら恋をし、居酒屋「ふし?」を始めた秘話が描かれる。鉄拳は「テレ東深夜ト?ラマか?好きて?よく見ていたのて?今回イラストて?参加させてもらい本当に光栄て?す!」と喜び、「おやし?のエヒ?ソート?を描いていくうちにおやし?のファンになってしまいました」と語った。

同局 倉地雄大プロデューサーは、主人公がおやじの逸話に心を動かされるという軸に対して「見ている人により想いを伝えるために……と悩みぬいた末にたと?り着いたのか?、“泣ける”ハ?ラハ?ラ漫画の鉄拳さんて?した」とオファーの理由を説明。「僕も含めた制作スタッフは、仕上か?ったイラストの一部を見たた?けて?感動しました!」と称賛した。

関連記事(外部サイト)