峯岸みなみ「未来に光がない」「ババア扱い」- "25歳アイドル"の苦悩吐露

AKB48峯岸みなみがAbemaTV『必殺!バカリズム地獄』で苦悩吐露 「ババア扱い」

記事まとめ

  • AKB48の峯岸みなみが『必殺!バカリズム地獄』で「未来に光がない」と苦悩を吐露した
  • ゲストはモデルの池田美優だったが、バカリズムは「今日はゲストが若いです」と紹介
  • 峯岸は「もう25歳になるので、AKB48の中では10代の子にほぼ"ばばあ"扱い」と自虐した

峯岸みなみ「未来に光がない」「ババア扱い」- "25歳アイドル"の苦悩吐露

峯岸みなみ「未来に光がない」「ババア扱い」- "25歳アイドル"の苦悩吐露

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・AKB48峯岸みなみ(24)が、2日に配信されたAbemaTVの番組『必殺!バカリズム地獄』(毎週金曜21:00〜22:00)で、「未来に光がない」「ババア扱い」と苦悩を吐露した。

同番組は、お笑い芸人・バカリズムがさまざまな職業の女性たちが経験した"鬼ギレ"エピソードを吟味し、最も"地獄に落とすべき人"を決めていく番組。今回、峯岸とモデルの池田美優がゲスト出演した。

番組冒頭、バカリズムが「今日はゲストが若いです」と紹介すると、峯岸は「いや、もう25歳になるので、AKB48の中では10代の子にほぼ"ばばあ"扱いですよ」と自虐発言。「ちょうど16、17、18歳の時、AKB48もいい感じだったので、その時は本当に楽しかったなあって。今は、振り返りばばあです」と話した。

それに対し、バカリズムが「まだ全然じゃないですか。楽しくないの?」と質問すると、峯岸は「今のところ未来に光がないです。楽しくない」と吐露。「仕事的にもプライベートも20歳がピークでした。無敵モードで『チョロいな』って思っていました」と過去を振り返った。

(C)AbemaTV

関連記事(外部サイト)