指原「ピュアさがかわいい」- STU48初オリジナル曲「瀬戸内の声」MV公開

指原「ピュアさがかわいい」- STU48初オリジナル曲「瀬戸内の声」MV公開

画像提供:マイナビニュース

今年3月に誕生したアイドルグループ・STU48初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」のミュージックビデオ(MV)が5日、公開された。

STU48は指原莉乃が支配人を務め、瀬戸内エリアを股にかけて活動。「瀬戸内の声」は、5月31日に発売された、AKB48の48枚目のシングル「願いごとの持ち腐れ」の劇場版に収録されている。

この「瀬戸内の声」のミュージックビデオは、AKB48グループとして初めて4K映像を、YouTubeで公開。尾道や黒島ヴィーナスロード、鳴門海峡、大毛島海岸、高松の高柳食堂、今治の開山公園展望台、周防大島町など、瀬戸内各県の名所で撮影を行った。

支配人の指原は「STU48のメンバーとはこのMV撮影が初対面だったのですが、開口一番『テレビ見てます』などの感想を言われたりと、HKT48やAKB48のメンバーには無いピュアさが、とってもカワイイなと思いました」と感想を語る。

キャプテンの岡田奈々は「MV冒頭の夕焼けが本当に美しすぎて、瀬戸内の美しさをまだ知らないという方たちに、私たちが全国を回って、瀬戸内の良さを伝えて行きたいと思います」と意気込み。また、「メンバーの初々しさが見られるMV となったと思います。美しい景色、ダンスを必死に練習している初々しいメンバーに注目してください」と見どころを紹介しながら、「こんなに素敵な楽曲をいただけて、STU48はあらためて『幸せものだな』と感じることができました」と喜びを話した。

センターを務める瀧野由美子は「瀬戸内7県にメンバーが行って撮影をしましたが、すごく良いところばかりです。私もまだ広島にしか行けていないのですが、『今すぐ他の県にも行ってみたくなる』素敵なMVです」とアピール。

岩田陽菜は「撮影中は強風だったり、初の演技で緊張したりと完成が心配だったのですが、すごく素敵なMVに仕上がっていて本当に良かったと思います」と、ホッとした様子で語っている。

(C)AKS (C)STU

関連記事(外部サイト)