小林麻央、高熱で在宅医療の大変さ痛感も「どうなったって生きるしかない」

小林麻央、高熱で在宅医療の大変さ痛感も「どうなったって生きるしかない」

画像提供:マイナビニュース

乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が4日夜、「不安」というタイトルでブログを更新し、高熱が出て痛みと苦しさと戦っていたことを明かした。

5月29日に退院し、在宅医療に切り替えた麻央は、「今日は、39.4度の熱から始まり、一日中、痛みとおさまりどころのない苦しさでした。今は、少し落ちついています」と報告し、「汗の量がすごいので、起きてから、6回の着替え。フェイスタオル、ベッドに敷くバスタオルパジャマが何枚あっても足りないくらいです」と説明。「在宅医療の大変さについても考えさせられました」と打ち明けた。

続けて、「子供達のいるリビングと、私の部屋では、まったく違う世界が繰り広げられていて、子供達がまだ小さいのでその両方を、同時に担っていかなければならない家族の大変さ、主人にはそこに仕事があるので、なおさらです」と、家族そして夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵についてつづった麻央。

「家族は皆、『大丈夫だよ』と笑顔でいてくれますが、これからどうなっていくのか不安はつのります」と吐露し、「どうなったって生きるしかないので、本当に、ごめんね、ありがとう、です」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)