長谷川博己主演『小さな巨人』第8話13.6%と回復、前回から1.5ポイント上昇

長谷川博己主演『小さな巨人』第8話13.6%と回復、前回から1.5ポイント上昇

画像提供:マイナビニュース

俳優の長谷川博己が主演を務めるTBS系日曜劇場『小さな巨人』(毎週日曜21:00〜)の第8話が4日に放送され、平均視聴率が13.6%だったことが5日、わかった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

初回13.7%、第2話13.0%、第3話11.7%、第4話13.5%と推移し、第5話で自己最高となる13.9%を記録。第6話は13.5%、第7話は12.1%と連続で数字を落としたが、第8話で前回から1.5ポイント大幅に上昇した。

このドラマは、これまでの謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメント。日曜劇場初主演の長谷川が、捜査一課の刑事として捜査一課長を目指していたが、出世街道から外れた所轄へ左遷された主人公・香坂真一郎を演じている。

第6話から早明学園を舞台とする豊洲署編に突入した同ドラマ。香坂は、元捜査二課の江口警部(ユースケ・サンタマリア)を殺害したのは早明学園の富永専務(梅沢富美男)だと確証をつかんだが、任意同行を決意した小野田捜査一課長(香川照之)があっさり釈放してしまった。第8話では、現場に残された証拠からも失踪した横沢(井上芳雄)が犯人だと捜査一課の藤倉(駿河太郎)らは捜査を再開し、香坂も横沢が事件の鍵を握っていると捜査一課に協力。そして、妻・亜美(中村アン)に接触する可能性が高いため、祐里(芳根京子)に見張り役を任命する。そんな中、横沢から亜美に連絡があり…という展開だった。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)