岸谷五朗、伊藤淳史と20年ぶりテレビドラマ共演「教え子が立派になった」

岸谷五朗、伊藤淳史と20年ぶりテレビドラマ共演「教え子が立派になった」

画像提供:マイナビニュース

俳優の岸谷五朗が、7月6日スタートの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜23:59〜)に出演することが決まった。主演の伊藤淳史とは、20年ぶりのテレビドラマ共演となる。

鈴木おさむ企画の同作は、伊藤演じるアパレル会社のリストラ候補・折茂圭太が、ある日突然"スマホ"のようになってしまい、視界にメッセージの吹き出しが飛び交ったり、他人のメッセージ(=秘密)まで見ることができるという能力まで身につけるというもの。岸谷が演じるのは、このアパレル会社の社長役だ。

岸谷は自身の役どころについて「今は会社が軌道に乗っているので、一言でいうと、調子にのっているヤツ(笑)」と表現。以前共演したときの伊藤は、小学生だったそうで、「すごくうれしいです。教え子が立派になったような感じですね」と目を細める。

今回は、メガネをかけた役柄だが、岸谷がスタッフとSNOWで撮った写真を公開。全員が岸谷の顔になったシュールなものになっている。

関連記事(外部サイト)