岡田准一主演『関ヶ原』ビジュアル公開 - "正義"の映画化に監督の熱

岡田准一主演『関ヶ原』ビジュアル公開 - "正義"の映画化に監督の熱

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・V6の岡田准一主演の映画『関ヶ原』(8月26日公開)の本ビジュアルが6日、公式サイトで公開された。

同作は司馬遼太郎の同名小説を実写化。戦国時代に終止符を打った"関ヶ原の戦い"で石田三成(岡田)はなぜ徳川家康(役所広司)に負けたのか、封印された真実をひもとく。三成と淡い恋を育む伊賀忍び・初芽を有村架純が演じ、原田眞人監督がメガホンをとる。

本ビジュアルでは、鉄砲隊や騎馬隊が入り乱れる戦火に「『愛』と『野望』、激突!」というコピーが掲載される。岡田演じる石田三成が甲冑を身に纏った凛々しい姿を見せ、役所演じる徳川家康や、有村演じる忍びの初芽、東出昌大演じる小早川秀秋らが一堂に会した。

同作の映画化を25年にわたり熱望し続けた原田監督は、「『関ヶ原』は司馬遼太郎合戦文学の傑作です。映画化ミッション・インポッシブルの世界でもあります」と語る。「しかし、天下悉く利に走るとき、理念をもって流れと逆しまに走った男たち女たちの合戦を映像化するのは、この混迷と理不尽の時代を生き抜くための『正義』であると、サンチョ・パンサを従えたドンキホーテのように老骨背筋を伸ばして考えました」と、このタイミングでの映画化について理由を明かした。

原田監督はさらに「正義とは一言で言えば、人間の価値です。石田三成のテーマ『大一大万大吉』とは人類として、個人として、人間として生きるための指針なのです」と、作品のテーマを提示。「三成は『今』を生きています。それが波乱万丈戦国絵巻の気と心です。演技合戦、合戦映像、合戦音楽、すべて勇壮超一級。大画面大音響で、存分に斬り結ばれよ!」とコメントを寄せた。

関連記事(外部サイト)