金子ノブアキ「仲間として合流したかった」-『CRISIS』で最強の敵役

金子ノブアキ「仲間として合流したかった」-『CRISIS』で最強の敵役

画像提供:マイナビニュース

ロックバンド・RIZEの金子ノブアキが、きょう6日に放送されるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜21:00〜)の第9話に登場。主演の小栗旬演じる稲見の最高の友で最強の敵という役柄を演じる。

第9話は、稲見の自衛隊時代の同僚・結城(金子)が行方をくらましたことを鍛治(長塚京三)から聞いた夜、稲見の前に結城が姿を現す。再会を喜びあう2人だったが、結城の「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という言葉から、稲見は結城がテロを計画していることを察知する。

金子は、映画『クローズZEROII』以来の共演となる小栗について、「背中と行動で現場を引っ張る最高の座長。長い時間を費やして作り上げた体躯(たいく)やアクションの重みには衝撃を受けました。心から敬意を表したいです」と絶賛。小栗、西島秀俊をはじめとした特捜班メンバーとも溶け込み、「素晴らしい空気感で、もっと早く、できれば"仲間"として合流したかったです(笑)」と、うらやましがっていた。

また、小栗は、残り2話となった今作について「24話くらい撮ればよかったと思うくらい寂しいです。皆さんには最後までこの作品を愛してほしいです」とコメント。特捜班メンバーを演じる野間口徹は「ここまで見た方には何も言わなくても分かると思いますが、最後までモヤっとさせます!(笑)。第9話は嵐の前の静けさを感じてほしいですね」とアピールしている。

関連記事(外部サイト)