中村静香、カツオ漁師からの"高知の女"認定に喜び - 海の男の魅力を語る

中村静香、カツオ漁師からの"高知の女"認定に喜び - 海の男の魅力を語る

画像提供:マイナビニュース

女優の中村静香が6日、東京・台場のフジテレビで行われたテレビ新広島・フジ系単発バラエティ番組『ニッポンを釣りたい! 話題の芸能人!まさかの休日』(25日16:05〜17:20)の制作発表会見に出席し、海の男の魅力を語った。

この番組は、芸能人が日本各地の海や川で釣りを体験し、その魅力を伝えていくもの。中村は、会見に同席した小倉優子、ロバートの馬場裕之とともに、高知で伝統のカツオの一本釣りに挑戦する。

そこで同行した漁師の男たちについて、中村は「すごくたくましかったですね。教え方も優しかったです」と頼りになった様子。彼らから「高知の女になっていいよ」と認められたことを明かし、小倉に喜びを伝えていた。

一方の小倉は「船酔いがすごいひどかったので、そこまで気が回らなかったんです…」と、漁師を気にする余裕もなかったそうだが、「今思い起こせば、すごいカッコ良かったなと思います」と回想。ダウンしている間、漁師たちから介抱されることもなかったそうで、「1人、海を見ながら戦ってました」と、孤独な状況を明かした。

また、中村はあらためて撮影を振り返り、「海から実際に元気をもらえたので、釣りに対してハードルが低くなったし、釣りを通してお魚にありつけるありがたみとか、優しい漁師さんとの出会いとかも含めて、とても心に残るロケになりました」と、しみじみ語っていた。

今回の放送では他にも、ロンドンブーツ1号2号の田村亮と吉田沙保里が山梨で渓流釣りに、宮川大輔が奄美大島でマグロ釣りに挑戦する。

関連記事(外部サイト)