元モデルの美人ボクサー・後藤あゆみ、意外にも「痛いのが人一倍苦手」

元モデルの美人ボクサー・後藤あゆみ、意外にも「痛いのが人一倍苦手」

画像提供:マイナビニュース

元モデルでプロボクサーの後藤あゆみ選手が、きょう6日に放送されるカンテレ・フジテレビ系番組『セブンルール』(毎週火曜23:00〜)で、密着取材を受ける。

さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、彼女たちが決めている7つのルールを掘り下げていく同番組。今回は、東洋太平洋女子スーパーバンタム級の王者でありながら、かつてはモデルをしていたという異色の美人ボクサー・後藤あゆみ選手(29歳)の素顔に迫る。

174pの長身で、高校時代はバスケットボールでインターハイにも出場し、大学卒業後はOLをしながらモデルの仕事も始め、ミス府中にも選ばれた後藤選手。ボクシングの世界に入るきっかけは、会社の交流会で偶然誘われたことだったという。

2015年11月にプロデビューすると、長いリーチを生かして6連勝。所属ジムの会長は「世界タイトルも狙える」と期待をかけるほどだが、ほぼ毎日ジムで練習をしながら、週5日は不動産関連の会社に勤務している。

そんな密着取材の間、ジムの同僚が出場する試合に応援に出かけた後藤選手は、リングから遠く離れたホールの壁際で、手で目を覆いながら試合を観戦。実は「痛いのが人一倍苦手」と、意外な一面が明らかになる。

他にも、7kgという厳しい減量で、練習中は水を口に含んでもうがいだけという過酷な姿も。ボクサーとしての収入だけでは食べて行けず、肉体的に厳しいにもかかわらず、なぜボクシングを続けるのか。試合の行方とともに、その理由を追っていく。

関連記事(外部サイト)