海老蔵にベストファーザー賞、子供は「私に似てほしくない(笑)」

海老蔵にベストファーザー賞、子供は「私に似てほしくない(笑)」

画像提供:マイナビニュース

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が、"すてきなお父さん"とされる著名人に贈られる「第36回ベスト・ファーザー イエローリボン賞」の学術・文化部門に選ばれ7日、都内で行われた授賞式に出席した。

海老蔵は、2010年にフリーアナウンサーの小林麻央と結婚し、2011年に長女の麗禾ちゃん、2013年に長男の勸玄くんが誕生。現在、乳がん闘病中の妻・麻央を支えながら、2人の子供たちの育児にも奮闘しており、自身のブログでたびたびその様子を公開している。

同賞受賞に、海老蔵は「うれしいですね」と笑顔。子供を肩車している姿を表現したトロフィーを見つめて、「まさに1日1回やっているポーズなのでうれしいです。肩車は家でも強制的にさせられる」と笑った。

また、子供ができてからの変化を聞かれると、「特に変わった点はないですが、唯一変わったのは守るものができたこと。責任感は独身の頃にはなかった」と説明。子育てについては「比較的、自由に育ています。自由すぎて困っているところも出てきましたが、大きく見守るということが大事かなと」と語った。

そして、「できる限り私には似てもらいたくないんですが」とニヤリ。「せがれは歌舞伎を。油性のマジックで化粧して寝てしまい、落とせなくて今日も幼稚園にそのまま行きました」と歌舞伎に夢中な勸玄くんのエピソードを明かし、麗禾ちゃんについては「しっかりしていて、親が大変なときはバックアップする律儀な娘。個性派豊かですね」と話した。

同賞は、6月の第3日曜日「父の日」に先立ち毎年発表。今年は、学術・文化部門の市川海老蔵のほか、芸能部門にお笑いタレントのはなわ、スポーツ部門にFC東京の大久保嘉人選手、政治部門に鳥取県知事の平井伸治氏、経済部門に劇団四季代表取締役会長・舞台芸術センター代表理事の佐々木典夫氏が選ばれた。

関連記事(外部サイト)