矢口真里、指原の"ライバル発言"に「私はライバルだと思っていない」

矢口真里、指原の"ライバル発言"に「私はライバルだと思っていない」

画像提供:マイナビニュース

元モーニング娘。でタレントの矢口真里が、6日深夜に生配信されたAbemaTVの番組『矢口真里の火曜The NIGHT』(毎週火曜25:00〜27:00)で、HKT48の指原莉乃が芸能界でのライバルとして「矢口」を挙げたことについて、「私はライバルだと思っていない」と告白した。

同番組は、矢口がお笑い芸人・元巨匠の岡野陽一と繰り広げる2時間生配信のトークバラエティ番組。オープニングトークにて、岡野が「矢口さんのニュース見ましたよ」と、某番組にて指原が芸能界でのライバルを聞かれて「矢口」と答えたことがネットニュースで話題になっていることに触れると、矢口は「有り難いですけど、私をライバルにしたらダメでしょ。第一線で仕事をしている人は、もうちょっと違うところ」と指摘し、「すごいうれしいけど、イジっているよね。バラエティのプロだから、私の名前を出したら面白いというボケだよね。(指原と)会った時そんな事聞いたことない」と話した。

また、岡野が「1回番組に指原さんが来てもらうとかできないですかね?」と提案すると、矢口は「(指原さんが))仮にライバルだと思っていても、私は思っていないからライバル対決にならなくない?」と発言。「今芸能界でライバルっていないんだよね。だいぶ大きく道を外れたから、後ろから着いてくる人もいないし、前に歩いている人もいない。自分で道を切り拓いていくしかない」と自虐的に話し、笑いを誘った。

(C)AbemaTV