天海祐希、拳銃で撃たれる…『緊急取調室』第8話はまさかの展開が次々に

天海祐希、拳銃で撃たれる…『緊急取調室』第8話はまさかの展開が次々に

画像提供:マイナビニュース

テレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜21:00〜)では、きょう8日に放送される第8話で、主演の天海祐希演じる真壁有希子が拳銃で撃たれる展開が発生する。

叩き上げの取調官・真壁有希子が、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる同作。

第8話では、喪服を着た2人組による拳銃強奪事件が発生し、有希子らキントリの面々は、現行犯逮捕された被疑者の1人(鶴見辰吾)を取り調べ、謎が謎を呼ぶ同事件に立ち向かっていく。

そんな中、今回は有希子が拳銃で撃たれてしまうという事態が発生。ほかにも、有希子の亡き夫・匡(眞島秀和)にそっくりな謎の男が登場したり、上層部が内々に、キントリ・メンバーの再編成を決定してしまうなど、この第8話から次の最終話(15日放送)にかけ、キントリ最大の危機が訪れる。

関連記事(外部サイト)