ロンブー淳が有名人のお宝を独断と偏見で鑑定「思った以上に快感でした」

ロンブー淳が有名人のお宝を独断と偏見で鑑定「思った以上に快感でした」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳がMCを務めるテレビ朝日のミニバラエティ番組『アツカン 田村淳鑑定所』(毎週日曜21:54〜21:58 ※関東ローカル)が、11日からスタートする。

この番組は、かつて一世を風靡した懐かしの芸人、元一流アスリートらが、その品にまつわるエピソードとともに「田村淳鑑定所」に持ち込むお宝を、店長・田村淳が独断と偏見で鑑定し、値段をつけるというもの。

初回放送には、サッカー解説者の松木安太郎氏が来店し、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会で有名になった応援グッズ「ブブゼラ」の鑑定を依頼。今後も、元カレからもらったハンドバッグを持参するIMALUのほか、道端アンジェリカ、池田美優、舟山久美子などが来店する。

田村は「人の思い出や商品に値段をつけるって、快感だということがわかりました(笑)。僕は買い手のことも考えて、極力安く値段をつけようとするけれど、その値段を聞いたゲストの方は思いがけない安さにびっくりする、という一連のやり取りが思った以上に快感でしたね」と、ハマった様子。

「より濃い思い出が乗っかっているほど、僕が提示する金額とギャップが生じて面白くなるのではないでしょうか」と見どころを語りながら、「今後は僕だからこその価値観で、この商品は高く鑑定した、というものも出てくると面白いですね」と構想を語った。

関連記事(外部サイト)