久住小春、長年支えてくれた人へ「恩返ししたい」 - モーニング娘。からモデル、女優への転身

久住小春、長年支えてくれた人へ「恩返ししたい」 - モーニング娘。からモデル、女優への転身

画像提供:マイナビニュース

●大女優・梶芽衣子との運命的な出会い
久住小春(24)が人生の大きな転機を迎えている。小学6年生の時に、アイドルグループ・モーニング娘。のオーディションに応募し、2005年5月に第7期生として加入。2009年の卒業後、2011年から2015年まではファッション誌『CanCam』専属モデルとして活動、2014年には『アゲイン!!』(TBS系)で連ドラ初出演も経験した。

そして、2016年に以前の事務所を退所。フリーの活動を経て、2017年からは、米倉涼子や上戸彩ら人気女優を多数抱える芸能事務所大手・オスカープロモーションに所属した。新天地の第一歩となるのが、テレビ朝日系ドラマ『女囚セブン』(毎週金曜23:15〜 ※一部地域を除く/6月9日の第8話は最終回)。大女優・梶芽衣子(70)と共演、そして舞妓役には運命的な巡り合わせがあった。

アイドル、モデルとして第一戦を走り続けていた久住は、なぜ女優へと転身することになったのか。激動の芸能活動を支えてきた家族との関係性、そして彼女にとってファンの存在とは。

○梶芽衣子の「衝撃」

――今回のドラマでは、剛力彩芽さん演じる主人公・琴音を慕う後輩舞妓役です。置屋「一条」の女将・一条涼役の梶芽衣子さんとのシーンが多いと思いますが、現場の雰囲気はいかがですか?

まだ4話目ですが(取材は5月上旬)、今のところほとんど梶さんとご一緒のシーンを撮影しています。ドラマの内容自体はドロドロしているんですけど、現場は全然違って。笑いがあふれる和やかな雰囲気です。

――先日、同じく『女囚セブン』に出演中の山口紗弥加さんを取材したんですが、その場その場で作っていくような現場だとおっしゃっていました。

今のところシリアスなシーンがほとんどで、アドリブを求められるようなコメディ要素はほとんどないです。山口さんをはじめとした女囚グループとこちらでは、多少の違いはあるかもしれません。

――梶さんの出演作はリアルタイムではご存知じゃないと思いますが、何かご覧になったりしたんですか?

今回のお話をいただいてから、『女囚さそり』(72年〜)を拝見しました。とにかく、演技に引き込まれるというか「すごい」の一言で。内容もそうだったんですが、ビジュアル的にも衝撃でした。時代を超えても話題になる作品だと思います。

現場では空き時間があると、梶さんが色々お話をしてくださいます。『女囚さそり』の撮影エピソードもしてくださって、「今の小春ちゃんと同い歳だったのよ」と。それを聞いて、また衝撃を受けてしまいました(笑)。

――すごい縁ですね(笑)。演技のアドバイスなどは?

初めてご一緒させていただく大先輩なので……聞きたい気持ちはありますが、しつこく聞いたら失礼にあたるんじゃないかと。恐れ多すぎて……(笑)。でも、せっかくの貴重な機会なので、どこかで思い切って聞いてみたいと思います。

――梶さんの演技を目の前で見られることも貴重ですよね。

お芝居に圧倒されたというか、オンエアの映像だとまた印象がガラリと変わるんです。映像になった時も考えながらお芝居をしていらっしゃるんでしょうね。カメラの角度とか、照明とか、そういうところも計算されているんじゃないか、そう感じるお芝居でした。

○演技に集中すると「自分の言葉」に

――オンエアもしっかりチェックされてるんですね。

はい、本当に衝撃を受けました。

――ご自身のシーンはいかがでしたか。

まだまだ足りないところばかりです。

動画を見たりしながら、事前に舞妓さんのことについて調べました。初めての京都弁の演技なのですが、台本と一緒にいただく音源を参考にして撮影に臨んでます。現場にも元舞妓さんがいらっしゃって、シーンごとに所作のアドバイスや、イントネーションのおかしなところを直していただいたりしています。

――役柄の気持ちになることに加えての外見的な要素。演じる上ではハードルになりそうですね。

気持ちをのせて話していると、イントネーションがおかしくなりそうで(笑)。「自分の言葉」になっちゃうんですよね。京都弁のイントネーションを意識しながら演じるのは、すごく難しいです。

――新潟出身でしたよね? そちらの方言は?

方言もありますが、一応は標準語との使い分けはできているつもりです(笑)。梶さんも役柄で京都弁を話していらっしゃるので、耳を傾けていっぱい聞いています。撮影がスタートした頃よりは、徐々に馴染んできたと思います。

●地元・新潟の仕事で実感「いつも支えられている」
――メイクや衣装の準備にも時間が掛かりそうですね。

毎回、2時間くらいかかっています(笑)。いちばん時間がかかるのが髪のセットで、半分地毛で半分かつら。それを整えていただいています。その間は、台本を確認したりしています。

――役名がご自身と同じ「小春」。なんだか運命的なものを感じますよね。

私の出演が決まる前から、台本上でも「小春」だったそうで、すごい偶然ですよね。スタッフさんの現場での紹介も、「小春役の久住小春さん」でした(笑)。

――お名前の由来は?

「小春日和」から取って、姉が「日和」で、私が「小春」です。実は、あまり好きな名前ではなかったんですけど、この業界に入って印象が変わりました。なかなか、他の人と被らないんですよ。「久住」も珍しい名字ですよね。この業界では、「被らない」ことが大事だと思いますので、それはありがたいなと思います。

○「女優の道」を選んだ理由

――前の事務所を辞められて、フリーを経て現在の事務所に。その最初の仕事が『女囚セブン』だと思いますが、演技に力を入れていきたいという思いが強いんですか?

そうですね。お芝居をメインに、がんばっていきたいと思っています。女優というお仕事はこれから知っていく部分の方が多いと思うんですけど、「自分じゃない自分になる」という印象です。アイドルは自分自身として人前に出る。女優は「自分じゃない人」を追求していく仕事なんだろうなと思っています。

――以前からその願望が強かったんですか?

小さい頃から、ドラマが大好きで。憧れていたんですけど、「私なんか無理」という諦めの気持ちもあって、実際に自分がやっていくのはなかなか想像できませんでした。芸能活動をはじめて、アイドル、モデル、そして声優のお仕事もやらせていただきました。

「声で演じる」という部分はお芝居につながるものもあるんじゃないかな……と、声優のお仕事を通じて感じました。そうやって演技というものに触れることができて、そこからドラマ、舞台をいくつかやらせていただきました。基礎を学んで、やりたいと思っていたお芝居が現実的になっていって。「その世界に入りたい」という思いが強くなりました。

――なるほど。ブログでも小さい頃からドラマを見ていたと書かれていましたね。

中でも、『ラブジェネレーション』(97年・フジテレビ系)が大好きです。定期的に観て、この世界に入りたいなぁって(笑)。ストーリーとか、展開とか全部分かっているのに、何度も繰り返し観てしまいます。20年も前の作品なのに、今でも好きな作品として多くの人の心をつかんでいるのはすごいですよね。いつまでも思い出してもらえる作品って、すてきだなと思います。

○地元・新潟の仕事は特別「安心感がある」

――3月31日に、1年続いた新潟放送のラジオ番組『久住小春のMEDIASHIP927』が終わりました。小学校5・6年の担任の先生がサプライズで来たそうですね。

私の地元・新潟の小学校で、いちばん好きな先生でした。ライブにも来てくださった先生なんですよ。先生の連絡先は知らなくて、連絡を取ることもなかったんですが、先生はテレビとかを見て、ずっと応援してくださっていたみたいです。12年ぶりの再会なので、久々すぎて何を話していいのか分からなくて(笑)。本当にびっくりしました。

――地元での仕事は、都内の仕事と比べて気持ちの違いはあるんですか?

やっぱり地元の安心感があります。それから、ついでに実家にも帰ることができる(笑)。同郷で応援して下さる方も多くて、地元で私が出ると喜んで下さるので、それは私にとってもすごくうれしいことです。生放送の公開収録で、金曜13時からの平日だったんですが、いろいろなところから観に来ていただきました。

――アイドル時代はファンとの距離も近かったと思います。そういう意味では貴重な機会、番組だったのでは?

たしかにそうですね。新潟出身じゃないのに来てくださった方もいて、本当にありがたかったです。インスタでもたくさんのメッセージをくれて、いつも支えられてると感じます。

――ブログにはお父さんの写真もアップされていましたね。とても男前な印象だったのですが、仕事について話したりしますか。

仕事については、あまり話さないです。でも、実家に帰った時はたまに? 内容はその時によって全然違いますが、『女囚セブン』に出ることは、私が伝える前にすでに知っていました。たぶん、ニュースとかで見たんですかね? あと、ブログもいつも見てくれています。

●思い出してもらえる存在に
――2005年にモーニング娘。に加入して、中学頃から多忙な日々に。上京して環境もかなりの変化があったと思いますが、親御さんはどのように見守っていらっしゃったのでしょうか。

当時中学生ということもあって、母も一緒に上京したので、そこまでの寂しさはなかったと思います。そもそもオーディションを受けたことはお母さんにだけ伝えてて、私としては受かった後にお父さんに伝えればいいのかなと。審査が通っていくと親が付き添わないといけないタイミングが出てくるので、その時に言えばいいかなと。結局は、お父さんも実は知っていたんですが、事務所の方が先に伝えてくださっていたんですかね?

――「俺は認めん!」みたいなことにはならなかった(笑)。

そういう状況だから、受け入れるしかないですよね(笑)。

――久住家の一大事ですね。

どうなんでしょう(笑)。それから何か言われることもないので、芸能活動をしていてもしなくても、たぶん変わらないんだろうなと思います。

――出演作が増えていくと、映画の舞台あいさつにも来てくれるかもしれませんね。

呼びたいですね! そのためにも、お芝居をがんばっていきたいです。

○『CanCam』専属モデルで学んだこと

――インスタの腹筋写真が話題になっていました。何かコツがあるんですか?

ありがとうございます(笑)。いろいろなジムに行って、トレーナーさんから教えてもらうのが好きで、そこで学んだことをやっています。ジム通いは日課になっていて。朝行くこともあれば、夜行くこともあります。

――仕事前にジムに行くとも書かれていました。

体作りの目的だけではなく、映像に映った時のことも考えて、少しでもコンディションが良くなればと。モデルをはじめた頃に、ジム通いをはじめました。

――2011年から2015年までは、『CanCam』の専属モデルに。どのような発見、学びがありましたか。

写真に写った自分の表情、表現の仕方を学びました。自分が思っていたことと、全然違う時もあるんです。「何かになりきる」という部分では、演技のお芝居にも生かされるのかなと思います。そういう過去の経験があったから、今があるんだと思います。

――モデルは事前に準備できることも限られそうですね。

そうですね。経験を積んでいくことが大事なんだと思います。同じことは繰り返さず、テーマも違うので、毎回毎回が勉強でした。モデルのお仕事も今後やり続けて行きたいです。

――今後は女優として、いろいろなオファーがあると思います。理想とするのは、どういう女優像なんでしょうか。

私にとっての『ラブジェネレーション』じゃないですけど、10年経っても、20年経っても「あの作品良かったよね」とか「あの人いいよね」とか言われるような女優さんになりたいです。年間、たくさんの映画やドラマが作られますが、その中でも思い出してもらえるお芝居をしたいなと思います。

○これまで応援してくれたファンへ

――長年支えているファンの皆さんは、フリーになった頃にすごく心配したと思うんです。その方々に向けてのお言葉をいただいて、今回のインタビューを終えたいと思います。

昔から、ドラマの話はしていたので、ファンの方々は、きっとそのことは知ってくださっていると思います。

『女囚セブン』が決まったことを報告した時、昔から応援してくださっていた方々からもたくさんのメッセージをいただきました。「毎週楽しみ」という温かいお言葉をいただいて、今でも放送が終わると感想を送ってくれます。

昔から応援して下さっている方々は、ドラマに出るのをすごく喜んでくれている。そう感じたので、これからもいろいろな作品で活躍している姿を見せて、恩返ししていきたいです。

――また別の作品でもお話をお聞かせください。

ありがとうございます。またお願いします。

■プロフィール
久住小春(くすみ・こはる)
1992年7月15日生まれ。小学6年生の時に、アイドルグループ・モーニング娘。のオーディションに応募し、2005年5月に第7期生として加入。メンバーとして活躍する一方、アニメ『きらりん☆レボリューション』の主役・月島きらり役の声優を務める。2009年の卒業後、2011年から2015年まで、ファッション誌『CanCam』専属モデルとして活動。2016年11月に前事務所を退所、フリーを経て、今年からオスカープロモーションに所属。
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)