ディーン・フジオカ、女性共演者たちからモテモテ「本当に爽やかすぎた!」

ディーン・フジオカ、女性共演者たちからモテモテ「本当に爽やかすぎた!」

画像提供:マイナビニュース

6月24日公開の映画『結婚』の完成披露試写会が8日、東京・新宿の角川シネマ新宿で行われ、主演のディーン・フジオカをはじめ、柊子、中村映里子、松本若菜、安藤玉恵、萬田久子、貫地谷しほり、西谷真一監督が出席した。

直木賞作家・井上荒野の同名恋愛小説を、NHK連続テレビ小説『あさが来た』のチーフ演出を務めた西谷真一監督が映画化した本作。主演に抜擢されたディーン・フジオカが本格的な大人の恋愛ドラマに挑戦し、本作で数々の女性たちを翻弄する魅惑の結婚詐欺師を好演している。

そんな本作の初めての試写会に、主演のディーン・フジオカらが勢揃い。結婚詐欺師を演じたディーン・フジオカは「犯罪者なので、どうしたものかと思って(笑)。結婚詐欺は詐欺です」と観客を笑わせながら「そういう生き方を選ばなくてはいけなかった理由が古海健児というキャラクターにはあって、役作りを掘り下げていく中で犯罪者を目指すのではなく、共感というか放っておけないキャラクターに出来ればと思いながら関わらせていただきました」と役作りについて語った。

続けて、「自身にとっての結婚は?」という質問には「結婚って誓いですよね。誓い合った同士がより良い未来を作っていくために努力を続けるという契約だとは思いますが、コミットして一緒にネクストレベルを目指して努力していくということですかね」と回答し、自身のプロポーズを問われて「すごいシンプルでしたよ。何も用意してなかったので、その場で言わなくてはいけないと思い、勢いのプロポーズでした」と明かした。

舞台あいさつ中は常に爽やかな表情で女性ファンをうっとりとさせたディーン・フジオカ。共演者からも「本当に優しくて、何回も失敗したのに『もう1回やろう』と言ってくださり、全部委ねちゃいました」(柊子)、「ディーンさんは本当にディーンさん。常に完璧ですごく紳士に接してくれました」(松本)、「ディーンが結婚詐欺師だったら、分かっていても騙され続けてあげようと思うわ」(萬田)と大絶賛。ディーン・フジオカ扮する結婚詐欺師の妻役を演じた貫地谷も「本当に爽やかすぎて、どこか腹黒いところを見たかったんですけど、今回は見れませんでした。いつか見れるといいんですけど(笑)」と次回作に期待を寄せていた。映画『結婚』は、6月24日より全国公開。

関連記事(外部サイト)