岸明日香、竹内力の"ギャップ"に驚き「おちゃめ」気配りにも感激

岸明日香、竹内力の"ギャップ"に驚き「おちゃめ」気配りにも感激

画像提供:マイナビニュース

俳優の竹内力とタレントの岸明日香が9日、都内で行われたJ:COMプレミアチャンネルのオリジナルドラマ『闇の法執行人』&『大馬鹿代』独占放送記念イベントに出席した。

竹内が製作総指揮を務める『闇の法執行人』は、弁護士資格を剥奪され、探偵家業を営む男・龍崎(竹内)と、新人弁護士の女・成美(岸)らが巨悪に"正義の闘い"を挑んでいくハードボイルド作品。過去に竹内が出演した『ミナミの帝王』、『仁義なき戦い』から着想を得ており、新たな要素を加えて作り出した意欲作だ。

岸は、同作で竹内と初共演。キャスティングは「岸さんは色んな方から魅力のある女優さんになるのではという情報をたくさんもらった。候補の中から最終的に岸さんにお願いした」と抜てきしたという。その言葉に岸は「うれしい」と喜び、役どころは「力さんとタッグを組む新人弁護士。シャカリキで真面目な女の子です」と語った。

衣装合わせの時、竹内と初めて対面した岸。「まさか力さんがいるとは思わなくて、膝ガクブルで…」と緊張の初対面で、さらに一部のセリフを言ってほしいとお願いされたという。当初は岸の演技力に不安を抱いていたが、「(岸の)セリフ(を聞いて)わかった。大丈夫って」と演技に太鼓判を押し、岸も「その言葉を聞いて現場に入りやすくなった。自信を持ってやろうと思えた」と感謝した。

岸は、現場での竹内の様子について聞かれ「本当にギャップがすごくて。ギャグを言ったり、おちゃめな一面もあった。下ネタもありましたが、カメラが回った瞬間切り替わっていてさすがプロ」といい、さらに岸の衣装に竹内自ら名札をつけてくれたというエピソードも披露。主演にも関わらず、行き届いた現場での気配りに感激していた。

一方、『大馬鹿代』は竹内が扮する謎のオバサンが大暴れする"笑撃エンターテイメント"。くるくるパーマに真っ赤な口紅が印象的なオバサンだが、竹内曰く「女装ではなくヒロイン」だという。強烈なメイクも自分で施しており、「こういうキャラクターを演じているのは世界の俺だけでは。おならを連発する主演俳優もいない」といい、「最後は涙ボロボロ。1話観たら次が観たくなるストーリー展開。サスペンスあり、友情裏切り、ハードボイルド、色んな部分混ざっている」とアピールした。

『闇の法執行人』はJ:COMプレミアチャンネルにて6月10日22時より放送開始され、『大馬鹿代』は6月11日22時20分よりスタートする。

関連記事(外部サイト)