カンテレ新実アナ、キャスター役で『CRISIS』出演「数秒のために1時間…」

カンテレ新実アナ、キャスター役で『CRISIS』出演「数秒のために1時間…」

画像提供:マイナビニュース

カンテレの新実彰平アナウンサーが、13日(21:00〜22:09)に放送される同局・フジテレビ系ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の最終話に、キャスター役で出演する。

小栗旬、西島秀俊ら公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く同ドラマ。カンテレの夕方ニュース番組『みんなのニュース 報道ランナー』(毎週月〜金曜16:47〜)のメインキャスターである新実アナは、今回の劇中でもキャスター役で、大きな意味を持つシーンでニュースを読み上げる。

新実アナは、撮影を振り返り「いつも通りにニュースを読むというシーンでしたが、『緊迫感』や『緊張感』を出すために表情をつけて読むことが難しかったです。ほんの数秒のシーンのために1時間近く費やしてしまいました」と苦労した様子。「皆さまのドキドキを損なわないよう、必死で頑張ったつもりです。ぜひご覧ください」とアピールしている。

また、今回の新実アナの出演を記念して、『報道ランナー』で4月に放送した小栗・西島との対談を、未公開部分も加えて再編集し、限定公開。小栗が新実アナを見て、親交の深い芸能人に似ていると名前を挙げながらアドバイスするシーンなどが配信される。

関連記事(外部サイト)