藤原竜也主演『リバース』予想を覆す結末に!? 出頭した美穂子が衝撃発言

藤原竜也主演『リバース』予想を覆す結末に!? 出頭した美穂子が衝撃発言

画像提供:マイナビニュース

俳優の藤原竜也が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『リバース』(毎週金曜22:00〜)の第9話がきょう9日に放送される。

本作は、湊かなえの同名小説を原作とする物語。主人公のサラリーマン・深瀬和久(藤原)らが、10年前に大学のゼミ仲間らと行った旅行で起きた親友・広沢由樹(小池撤平)の不審な事故死と向き合っていく様を描く。

前回、小笠原(武田鉄矢)が刺されるという衝撃のラストで終わった『リバース』。第9話では、新たな犠牲者が出てしまったことに不安を抱える中、その不安を煽るかの如く深瀬(藤原)の元に脅迫メールが届く。すでに正体が明かされたはずの告発文の送り主…メールを送ってきたのは別の誰かなのか。そしてある日、10年前の事故現場で不審な行動をとっていた疑いのある村井(三浦貴大)は、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)ら皆の前で重い口を開きはじめるのだが…。

深瀬は、事件の真相を追い、自分の知らなかった広沢の一面を知るたび、さらに広沢のことを知りたいと思うように。そんな中、警察署に出頭してきた美穂子(戸田恵梨香)は、深瀬に対し思いがけない言葉を投げかける。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)