タモリ、因縁の名古屋へついに上陸 『ブラタモリ』で深く意外な関係が判明

NHK『ブラタモリ』で因縁の名古屋に初上陸 タモリは名古屋嫌いを公言

記事まとめ

  • タモリが10日と17日に放送されるNHK番組『ブラタモリ』で、因縁の名古屋に初上陸
  • 『タモリのオールナイトニッポン』などで名古屋嫌いを公言し、ネタにしてきた
  • 10日の放送では、名古屋城の本丸で金のシャチホコをめぐるエピソードが紹介される

タモリ、因縁の名古屋へついに上陸 『ブラタモリ』で深く意外な関係が判明

タモリ、因縁の名古屋へついに上陸 『ブラタモリ』で深く意外な関係が判明

画像提供:マイナビニュース

タレントのタモリが、きょう10日と17日に放送されるNHKの番組『ブラタモリ』(毎週土曜19:30〜)で、因縁の名古屋にいよいよ上陸する。

タモリが街をブラブラ歩きながら、歴史をたどっていく同番組。かつて、ニッポン放送のラジオ番組『タモリのオールナイトニッポン』(1976〜1983年)などで名古屋嫌いを公言し、ネタにしてきたタモリだが、2008年の『ブラタモリ』放送開始から9年の時をへて、いよいよ名古屋に初上陸することになり、注目を集めている。

今回のロケでは、江戸時代のはじめに徳川家康が仕掛けた、名古屋の街づくりの秘密を探る旅へ。10日の放送では、名古屋城の本丸で、金のシャチホコをめぐるエピソードに驚き、2種類の石垣と広大な城の敷地が物語る家康の狙いが明らかになる。さらに、城下町へ向かい、碁盤のように並んだ正方形の区画やメインストリート・久屋大通も、家康の仕掛けだったことが判明する。

翌週17日の放送では、年間700万人が参拝にやってくるという熱田神宮へ。門前町の微妙な高低差から、家康が名古屋に城と町をつくった理由が明らかになる。また、タモリと名古屋の深くて意外な関係が、ついに解き明かされる。

関連記事(外部サイト)