斎藤工、紳士的なエスコート&適度な変態トークのギャップで場を盛り上げる

斎藤工、紳士的なエスコート&適度な変態トークのギャップで場を盛り上げる

画像提供:マイナビニュース

俳優の斎藤工が10日、都内で行われた映画『昼顔』(6月10日公開)の初日舞台挨拶に、共演の上戸彩、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督とともに登場した。

同作は2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の続編。”平日昼顔妻”として社会現象にもなった主人公・紗和(上戸)と、不倫相手の高校教師・北野(斎藤)は、ドラマ版の最終回で引き裂かれたが、映画で再び出会ってしまうこととなる。

「『昼顔』に会って、役者として人生が変わったんじゃないかな」という斎藤。監督からは「色気とか艶とか、そういうものを一切排除すると宣言していただいて」と明かし、「カメラや周りの目線を意識しない人間にしていたのが北野なんです」と役作りについて語った。

西谷監督は、斎藤について「かっこ良すぎる」と思ったものの、実際に会うと「すごくフラットで。佇まいがナチュラルだった」と語る。「もうこのままで、あんまり自己演出とかプランを立てないで、キャラクターは見る人に決めて貰えばいいくらいの気持ちで」と方向性を決めていったという。

とはいえ、北野がかっこよくなかったら、紗和も惹かれないのでは? という意地悪な質問に、上戸は「きっと心で惹かれているので、もっとかっこ悪かろうが、臭かろうが、多分紗和は好きになってると思います」ときっぱり。すると斎藤は「臭さにも種類がある。酢の物系なのか、ボイラー室なのか、靴・部室系なのか……」と”臭さ”の方の話を広げ、周囲を笑わせる。上戸は「そういうクセがある方が、紗和は北野先生を余計に好きになってるかもしれない」と受け止めていた。

終盤には、『昼顔』への思いが溢れ感極まって泣き出してしまった上戸にハンカチを差し伸べ、段差があれば優しくエスコートしていた斎藤。紳士な一面と、若干変態よりのネタでトークを盛り上げるお茶目な一面、そして役者として真剣に取り組む一面と、様々な面を見せ会場を釘付けにしていた。

関連記事(外部サイト)