葵わかな、監督に「いい意味でしつこい」ときっぱり - 撮影で根くらべに

葵わかな、監督に「いい意味でしつこい」ときっぱり - 撮影で根くらべに

画像提供:マイナビニュース

女優の葵わかなが10日、新宿シネマカリテで行われた映画『逆光の頃』(7月8日公開)の完成披露上映会に、高杉真宙、清水尋也、小林啓一監督とともに登場した。

同作は「コッフ?のフチ子」の原案者であるタナカカツキにより、1998年〜1989年に「コミックモーニング」にて連載された同名コミックを実写映画化。京都を舞台にした少年の揺らめきが描かれており、12編から構成される原作の中から「僕は歪んた?瓦の上て?」「銀河系星電気」「金の糸」の3編とオリシ?ナル部分を映像化した。

2年に及ぶ撮影期間の後半から参加したという葵。京都の高校生という設定に「京言葉も、だいたい入る前にやって終わりかなと思うんですけど、撮影が終わる前日まで稽古をしていて」と明かし、「ちょっとでも京都らしさが出てればいいなと思います」と語った。

小林監督の印象について聞かれると「いい意味で、しつこい。いい意味でですよ」ときっぱり。「本当に何度も何度も何度も何度もやる監督で、それは役のイメージがしっかりあって、そこから指一本でも出たらアウトなんです」と説明し、「その中でいかに自分らしいみことを演じるかを課題にして、根くらべみたいに監督とやって」と撮影を振り返った。

葵は「回数を重ねるごとに、なんとなーくわかるようになってきて」と語り、「どんどん楽しくなってきた」と笑顔に。最終的には、「一緒に作ろうってやってくださる監督だと思います」と称賛した。

関連記事(外部サイト)